J / E

Information
Masahiro Harada + MAO

原田 真宏

Masahiro Harada

略歴:

1973
静岡県生まれ
1997
芝浦工業大学大学院建設工学専攻修了(三井所清典研究室)
1997-2000
隈研吾建築都市設計事務所
2001-2002
文化庁芸術家海外派遣研修員制度を受けホセ・アントニオ & エリアス・トーレス アーキテクツ(バルセロナ)に所属
2003
磯崎新アトリエ
2004
原田麻魚と共に「MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO」 設立
2005-2006
慶應義塾大学 COE特別講師
2007
芝浦工業大学 工学部建築学科 非常勤講師
2007
慶應義塾大学 理工学部システムデザイン工学科 非常勤講師
2008-2016
芝浦工業大学 工学部建築学科 准教授
2014-2015
東京大学 工学部建築学科 非常勤講師
2015
東北大学 工学部建築・社会環境工学科 非常勤講師
2016
芝浦工業大学 工学部建築学科 教授
2017-
芝浦工業大学 建築学部建築学科 教授

原田 麻魚

Mao Harada

略歴:

1976
神奈川県生まれ
1999
芝浦工業大学建築学科卒業
2000-2003
建築都市ワークショップ所属
2004
原田真宏と共に「MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO」設立
2013-2014
東北大学 工学部建築・社会環境工学科 非常勤講師

Information
Awards

2018
2018年日本建築学会 作品選奨「立山の家」
2018
2017年度JIA日本建築大賞・優秀建築賞: 日本建築大賞「道の駅ましこ」
2018
第25回愛知まちなみ建築賞: 愛知まちなみ建築賞「tonarino」
2017
第33回都市公園等コンクール: 国土交通省都市局長賞「tonarino」
2017
2017年度 グッドデザイン賞: グッドデザイン賞「知立の寺子屋」
2017
第29回栃木県マロニエ建築賞: マロニエ建築賞「道の駅ましこ」
2017
International Biennial Barbara Cappochin Prize: Best 40 of the 8「道の駅ましこ」
2017
2017年JIA東海住宅建築賞: 大賞「傘の家」
2017
2017年日本建築学会 作品選奨「Shore House」
2016
第56回 富山県デザイン展:優秀賞「UCHI-MIZU」
2016
LOCUS DESIGN FORUM[書・築]アワード :銀賞
2016
富山プロダクツ 2016「UCHI-MIZU」
2016
GOOD DESIGN AWARD 2016「UCHI-MIZU」
2016
名城公園(北園)営業施設等事業提案:最優秀提案者
2016
arcVision Prize 2016(イタリア):ノミネート**
2015 
第25回 AACA賞 第14回 芦原義信賞「Seto」  
2015 
T-1グランプリ2014:グランプリ「加須の美容室」  
2015 
多賀町中央公民館設計者選定コンペ:final 5案 
2015 
日本建築家協会優秀建築選「鉄のログハウス」 
2015 
日本建築学会作品選集2016「加須の美容室」  
2015 
日本建築学会作品選集2016「鉄のログハウス」 
2015 
German Design Award 2016(ドイツ):Winner「Seto」 
2015 
AR HOUSE 2015(イギリス):ファイナリスト「鉄のログハウス」 
2015 
日本建築学会作品選集2015「Seto」 
2015 
第26回 JIA新人賞「Shore House」  
2014 
LEAF Awards 2014 -Residential Building of the Year-Multiple Occupancy-(イギリス):最優秀賞「Seto」  
2014 
Iconic Awards 2014(ドイツ):Winner「Seto」  
2014 
平成26年度日事連建築賞:優秀賞「Seto」  
2014 
第6回中国建築大賞2014:優秀賞(一般建築部門)「Seto」  
2014 
日本建築家協会優秀建築選「Shore House」  
2014 
富士山世界遺産センター(仮称)公募型プロポーザル:優秀者(二等)  
2013 
日本建築学会作品選集2014「Geo Metria」  
2013 
日本建築学会作品選集2014「VALLEY」  
2013 
(仮称)道の駅ましこ公募型プロポーザル:一等  
2012 
日本建築家協会優秀建築選「Tree House」  
2012 
第44回中部建築賞:住宅部門入賞「VALLEY」  
2012 
Iakov Chernikhov International Prize(ロシア)Best 10 Architects under 44 Years Old in the World 
2011 
ar+d Awards for Emerging Architecture 2011(イギリス):Commended「佐賀町アーカイブス」  
2011 
AR house 2011(イギリス):Commended「near house」 
2010 
MODERN DECORATION INTERNATIONAL MEDIA PRISE 2010(中国):Annual Residential Space Award「Tree House」  
2010 
第42回中部建築賞:住宅部門入賞「PLUS」  
2010 
LEAF AWARDS 2010 -Residential Building of the Year-Single Occupancy-(イギリス):最優秀賞「PLUS」  
2010 
RECORD HOUSES 2010 Architectural Records(USA):「Tree House」  
2009 
Design Vanguard 2009 ARCHITECTURAL RECORD TOP 10 Architects in the World(USA) 
2009 
AR Awards for Emerging Architecture 2009(イギリス):Commendation「PLUS」  
2008 
2008年度 日本建築学会大会(中国)建築デザイン発表会:テーマ部門賞 デザインにおける構造の論理性と感性「おおきな家」  
2008 
AR Awards for Emerging Architecture 2008(イギリス):Honorable Mentions「雨晴れの住処」  
2007 
The Barbara Cappochin Prize for Architecture Best International Works(イタリア):「焼津の陶芸小屋」  
2006 
山形大学工学部創立100周年記念会館公募型プロポーザル:final 22案 
2006 
公募プロポーザルコンペティションKOKUEIKAN PROJECT:final 25案 
2006 
木質建築空間デザインコンテスト:テーマ部門賞「屋上のランドスケープ」 
2004 
American Wood Design Award 2004:Honor Award(優秀作品賞)「焼津の陶芸小屋」  
2003 
SD Review 2003:グランプリ(鹿島賞)「焼津の陶芸小屋」  
2002 
Architecture for Humanity(アメリカ):世界巡回展出展作品入選 
2001 
Tokyo Designers Block「House as Furniture Project」:入選「絨毯ハウス」  
2001 
文化庁芸術家海外派遣研修員* 
2000 
Tokyo Designers Block「House as Furniture Project」:入選 「バブルハウス」  
2000 
SD Review 2000:入選「@/SCAPE」  
2000 
安藤広重美術館:林野庁長官賞* 
2000 
アドヴァン設計競技「新しい石の建築」:入選*  
1998 
安藤広重美術館設計プロポーザルコンペ:1等* 
1997 
修士論文「場所とモダン〜その連続可能性について〜」:創立者有元史郎記念賞(総代論文賞)* 
1997 
The 2nd Living Design Competition「自分で組み立てられる家」:準グランプリ* 
1995 
第二国立国会図書館設計競技:佳作* 
1995 
日本建築学会建築設計競技「テンポラリーハウジング」:入選* 

*原田真宏単独
**原田麻魚単独

Information
Lecture/Workshop

2018
日本建築美術工芸協会 景観シンポジウム ** 
2018
JIA東北支部福島地域会2018年市民講座 講演会** 
2018
信州大学 木でつくる共生建築研究センター研究発表会 講演会* 
2018
JIA近畿支部KINKI住宅部会賞 審査員** 
2018
COFI (カナダ林産業審議会) 中層木造建築デザインアワード 審査員* 
2018
大東建託 設計部 建築デザイン研修会 講師* 
2018
トウキョウ建築コレクション 審査員* 
2018
茨城県建築士事務所協会 スキルアップセミナー講師* 
2018
東京建築士会プレミアム建築士デー 講演会** 
2018
大東建託 一級建築士合格者向けセミナー講演会** 
2018
富士流域林業活性化センター 講演会* 
2017
コンフォルト 講演会 
2017
三井住空間デザインコンペ 審査員* 
2017
豊島岡女子高校 レクチャー* 
2017
東京理科大学 レクチャー* 
2017
平成29年度富山県建築文化講演会 レクチャー* 
2017
『住宅建築』10月号発売記念講演会 レクチャー* 
Round Table on Wood and Housing 審査委員* 
2017
Design Competition for Innovative Wood Joint Systeme 招聘パネリスト* 
2017
Green Initiative Week in Indonesia – Joint Program on Green City and Architecture with South East Asian Countries ワークショップ講師*
2017
第10回三井住空間デザインコンペ 審査委員*  
2017
第4回ポラス学生・建築デザインコンペ 審査委員* 
2017
国際木質建築フォーラムWOODRISE ビデオレクチャー 
2017
東京原木協同組合 建築家育成講座 レクチャー** 
2017
工学院大学 招待講評者* 
2017
東京都市大学 招待講評者* 
2017
中国建築省エネルギー協会 亜太空間デザイナー協会"亜太空間デザイン高峰論壇" レクチャー*
2017
京都造形芸術大学 レクチャー* 
2017
KEYTEC"木質構造の未来" シンポジウム 
2017
建築倉庫 "第7回 Secret Models" レクチャー 
2017
名古屋市立大学 レクチャー* 
2017
東洋大学 招待講評者* 
2016
建築倉庫 "木質化をめぐる日仏建築家ラウンドテーブル" /レクチャー** 
2016
JIA九州支部鹿児島地域会ワークショップ/レクチャー* 
2016
日韓中若手建築家ワークショップ(韓国/ソウル)* 
2016
東アジア建築ワークショップ(韓国/釜山)* 
2016
第3回 ラ・アトレ学生実施コンペ 審査員長* 
2016
金沢工業大学 招待講評者* 
2016
木造フォーラム レクチャー* 
2016
T-1グランプリ受賞記念セミナー レクチャー 
2016
JIA全国学生卒業設計コンクール 審査委員* 
2016
JIA北陸支部大会 招待講評者*/レクチャー 
2016
みなでつくる方法─吉阪隆正+U研究室の建築展 トークショー** 
2016
代官山蔦屋書店 トークショー** 
2016
愛知建築士会講演会 レクチャー* 
2016
tonica北九州建築展2016 招待講評者* 
2016
東海大学優秀卒業設計発表会 招待講評者* 
2015 
JIA北福岡 日韓学生建築ワークショップ レクチャー 
2015
第5回リノベーションアイデアコンペ 審査委員** 
2015
工学院大学バーティカルレビュー 招待講評者** 
2015
オープンハウス・ディベロップメントコンペティション 審査委員* 
2015 
竹尾ペーパー 「紙のかたち」レクチャー* 
2015 
International Policy Forum on Urban Growth and Conservation Tehran-Hamadan Conference 2015(イラン)レクチャー* 
2015 
TOTOデザインセミナー2015 レクチャー* 
2015 
第2回 ラ・アトレ学生実施コンペ 審査員長* 
2015 
南三陸町 復興の橋デザインコンペ 審査委員* 
2015 
アーキテクツガーデン2015建築祭 レクチャー 
2015 
MADE IN JAPAN | The Japanese Architecture of Tomorrow(タイ)レクチャー* 
2015 
新潟県内卒業設計コンクール2015 招待講評者* 
2015 
JIA宮城総会 レクチャー* 
2015 
JIA新人賞 受賞講演 
2015 
JIA宮城支部 レクチャー** 
2015 
JIA近畿支部 レクチャー** 
2015 
東北工業大学 招待講評者* 
2015 
建築x合宿 招待講評者 
2015 
三協アルミ デザインフォーラム トークショー 
2014 
東北大学 建築設計CⅡ レクチャー** 
2014 
Innovation in Architecture and Design - International convention organized by Bait and Noy(イスラエル)レクチャー* 
2014 
TOKYO DESIGNERS WEEK 2014 「建築模型とその提案書展」トークセッション(対談者:望月ミネタロウ氏) 
2014 
第5回 高校生対象建築デザインコンペ表彰式 審査委員 
2014 
フラットコンペ 審査員* 
2014 
第1回 ラ・アトレ学生実施コンペ 審査員長* 
2014 
エーアンドエー VECTORWORKS教育シンポジウム2014 レクチャー* 
2014 
東京大学 建築学科レクチャー* 
2014 
建築家会館・JIA建築家クラブ 金曜の会 トークイベント* 
2014 
デンマーク x 日本 建築セッション「建築から都市へアクセスする」パネリスト* 
2014 
スリランカ建築家協会 National Conference on Architecture(スリランカ)招聘パネリスト* 
2013 
16th DOMANI・明日展 プレ・イベント パネリスト* 
2013 
吉祥寺グランキオスク 「鉄と木のスクール」 ワークショップ* 
2013 
高知県建築士会 青年委員会 第35回サマーセミナー レクチャー* 
2013 
東京スキップ・ガーデン・プロジェクト パネリスト* 
2013 
東北大学 建築設計CⅡ レクチャー** 
2013 
THREE AOYAMA「OPEN THREE」 ワークショップ 
2013 
EAST-EAST4 WORKSHOP ワークショップ* 
2013 
第1回 未来の風景をつくる 学生実施コンペ 審査委員* 
2013 
STEP UP SEMINAR ARCHITECTURE PROGRAM 中央工学校 レクチャー* 
2013 
第33回 AGC studio デザインフォーラム AGC Studio レクチャー* 
2013 
建築家がつくる新しい住まい-つながりを超えて vol.3 リビングデザインセンターOZONE レクチャー* 
2013 
神戸芸術工科大学 特別講義* 
2013 
建築新勢力ー大師の旅・新鋭建築家シリーズ 上海、中国 レクチャー* 
2013 
G-Tokyo 2013 トークセッション「建築家は良いアート空間をつくれるのか?」 (フェリエ肇子氏、モデレーター:白井良邦氏) 
2013 
Diploma in Hiroshima 2013 招待講評者* 
2013 
第24回JIA神奈川・学生卒業設計コンクール 招待講評者 
2012 
慶應義塾大学 Mn'M Symposium レクチャー* 
2012 
近畿大学 レクチャー* 
2012 
ICSカレッジオブアーツ レクチャー* 
2012 
ブカレスト, ルーマニア レクチャー* 
2012 
RESET 11.03.11#New Paradigms バルセロナ, スペイン レクチャー* 
2012 
慶應義塾大学 レクチャー* 
2011 
K-MIX CARAMEL POCKET, 9月13日(火)10:10-20,K・MIX 78.4MHz インタビュー* 
2011 
チェアシティ展 丸の内オアゾ レクチャー 
2011 
UIA 2011 TOKYO Congress Design Works Presentation 東京国際フォーラム* 
2011 
若手建築家による東日本大震災復興支援・建築デザイン展 オリエギャラリー レクチャー* 
2011 
名古屋商工会議所冠講座 レクチャー「マウントフジの建築」** 
2011 
明治大学 招待講評者** 
2011 
Boom SP Design 2011 日本現代建築展 サンパウロ, ブラジル レクチャー* 
2011 
日本・カタルーニャ友好親善協会 7月レクチャー* 
2011 
東京藝術大学 招待講評者* 
2011 
京都工業繊維大学 招待講評者* 
2010 
明治大学 招待講評者** 
2010 
富山県総合デザインセンター主催 レクチャー* 
2010 
16人目の建築家と16人目の表現者による対話実験 伝播する力 対談(於:Y-GSA 対談者:小林エリカ氏)* 
2010 
建築ラウンドテーブル レクチャー 
2009 
PAPER'S no.32 対談(対談者:植原亮輔 於:株式会社竹尾 見本帖本店)http://www.web-papers.net/taidan.html* 
2009 
Exhibition of Japanese Contemporary Architecture 「(IN)VISIBLE PROCESS - LISBON 2009」リスボン,ポルトガル* 
2009 
KANAME EXHIBITION「ゴールドチタンへの挑戦」* 
2009 
LIVE ROUND ABOUT 2009 レクチャー* 
2008 
2008年度日本建築学会 東海支部講演会 「質」の対話* 
2008 
第5回東海地区卒業設計展2008 招待講評者* 
2008 
日本建築学会 2008年度大会 建築デザイン発表会 「おおきな家」* 
2007 
リスボン建築トリエンナーレ記念シンポジウム (於:OZONEギャラリー)*
2007 
ぺちゃくちゃないと45 招待プレゼンテーション
2007 
SD review 2007 対談 (対談者:塚本由晴氏 於:東京工業大学) 
2007 
Detail Japan主宰「装飾と建築」 対談 (対談者:小島一浩氏・中村拓志氏)*
2007 
TNプローブレクチャーシリーズ 建築と写真の現在「SCANNED ARCHITECTURE IN TOKYO〜リスボン建築トリエンナーレ"Architectural Tokyo in Photography"展より」 講演* 
2007 
千葉工業大学 招待講評者 
2007 
武蔵工業大学 招待講評者 
2007 
建築学科学生ワークショップ(於:関西大学)招待講評者 
2007 
大阪工業大学 招待講評者* 
2007 
慶應義塾大学 レクチャー「近作について」* 
2007 
千葉工業大学 招待講評者 
2006 
東京都北区立西ヶ原小学校 建築ワークショップ** 
2006 
第7回ブカレスト建築ビエンナーレ 日本現代建築展"Continuity vs. Mutation" レクチャー 
2006 
首都大学 招待講評者 
2006 
工学院大学 招待講評者* 
2006 
ぺちゃくちゃないと32 招待プレゼンテーション 
2006 
カンダユメラボ 招待講評者* 
2005 
芝浦工業大学主催「7人の建築家による7つのワークショップ」 招待建築家 
2004 
ぺちゃくちゃないと13 招待プレゼンテーション 
2002 
小池一子氏主宰「Emotional Site」 展・建築ワークショップ 
2002 
国際芸術センター青森「森の惑星」 展 ワークショップ 講師 
2002 
江戸東京たてもの園 建築ワークショップ 講師** 
2001 
東京都目黒区美術館 「楽しい建築教室2」 ワークショップ 講師** 
2001 
ブリティッシュカウンシル「East London UVワークショップ」 助講師** 
2001 
宮城県立盲学校「触地図ワークショップ」 講師** 
2001 
江戸東京たてもの園 建築ワークショップ 講師** 
2000 
東京工科専門学校 連続講議* 
2000 
数寄屋職人 安井清氏 とコラボレーションワーク* 
1999 
国際ガラス学院 連続講議* 
1999 
キッズプレイキャンパス* 

*原田真宏単独
**原田麻魚単独

Information
Article

×close

Information
Publication

  1. 『住宅建築』2018年6月1日/建築思潮研究所
    講演会
  2. 『JIA MAGAZINE』2018年4月15日/日本建築家協会
    「道の駅ましこ」
  3. 『鉄骨技術』2018年2月28日/鉄骨造出版
    「鉄のログハウス」「知立の寺子屋」
  4. 『建築画報』2018年3月22日/建築画報社
    「SHIFT」「加須の美容室」
  5. 『真岡新聞』2018年3月3日/真岡新聞社
    「道の駅ましこ」
  6. 『日経アーキテクチュア』2018年3月22日/日経BP社
    「荻窪の住宅」
  7. 『http://www.svenskttra.se/tidningen-tra/2018-1/hangtak-formade-fritids/』2018年3月12日
    「知立の寺子屋」
  8. 『日刊建設通信新聞』2018年3月9日/日刊建設通信新聞社
    「道の駅ましこ」
  9. 『日刊建設工業新聞』2018年3月6日/日刊建設工業新聞社
    「道の駅ましこ」
  10. 『日本建築学会作品選集2018』2018年3月/日本建築学会
    「立山の家」
  11. 『日本建築学会作品選集2018』2018年3月/日本建築学会
    「傘の家」
  12. 『下野新聞』2018年2月27日/下野新聞社
    「道の駅ましこ」
  13. 『LANDSCAPE DESIGN No.119』2018年2月23日/マルモ出版
    「tonarino」
  14. 『GA JAPAN 151』2018年2月26日/A.D.A.EDITA Tokyo 
    「Log H」
  15. 『日刊建設通信新聞』2018年2月27日/日刊建設通信新聞社
    「道の駅ましこ」
  16. 『第5回 JIA東海住宅建築賞2017 図録』2018年2月/JIA東海
    「傘の家」
  17. 『Architecture and Culture』2018年2月/A&C Publishing (韓国)
    「知立の寺子屋」
  18. 『新建築』2018年2月/新建築社
    「三井住空間デザインコンペ」審査講評
  19. 『日経アーキテクチュア』2018年1月25日/日経BP社
    「仙行寺本堂ビル」
  20. 『http://www.biz-lixil.com/column/architecture_urban/future/space_vol05/』2018年1月
    「立山の家」
  21. 『http://www.archello.com/en/project/rainysunny』2018年1月19日
    「雨晴れの住処」
  22. 『http://www.archello.com/en/project/house-toward-tateyama』2018年1月18日
    「立山の家」
  23. 『BRUTUS no.862』2018年1月/マガジンハウス
  24. 『百書百冊 鹿島出版会の本と雑誌』2017年11月/鹿島出版会
    「SDレビューが後押しするもの」
  25. 『http://www.biz-lixil.com/column/architecture_urban/future/vol28/index.html』2017年11月
    「道の駅ましこ」
  26. 『ローバルパンフレット』2017年11月/ローバル株式会社
    「知立の寺子屋」「立山の家」「PLUS」
  27. 『https://www.roval.co.jp/architect/』2017年11月
    「インタビュー」
  28. 『traumhaus』2017年11月/BL Verlag AG(スイス)
    「立山の家」
  29. 『たくみ アキュラ通信vol.11』2017年9月/たくみ編集部
    「リレーエッセイ11 脱獄のススメ」
  30. 『https://architizer.com/projects/house-toward-tateyama/』2017年9月13日
    「立山の家」
  31. 『https://architizer.com/projects/chiryu-afterschool/』2017年9月13日
    「知立の寺子屋」
  32. 『& Premium』2017年9月20日/マガジンハウス
    「インタビュー」
  33. 『ja #107』2017年9月/新建築社
    「Seto」
  34. 『FRAME #118』2017年9月/FRAME(オランダ)
    「TRUNK HOTEL」
  35. 『建築雑誌 2017 vol.132 no.1701』2017年8月/日本建築学会
    「海辺の家」
  36. 『CasaBRUTUS extra edition』2017年8月/マガジンハウス
    「海辺の家」「傘の家」「新井薬師の家」
  37. 『新建築』2017年7月/新建築社
    「tonarino」
  38. 『Brutus #850』2017年7月/マガジンハウス
    「tonarino」「道の駅ましこ」
  39. 『http://www.gooood.hk/salon-in-kazo-by-mount-fuji-architects-studio.htm』2017年6月28日
    「加須の美容室」
  40. 『http://www.gooood.hk/kasa-by-mount-fuji-architects-studio.htm』2017年6月28日
    「傘の家」
  41. 『住宅建築#464』2017年8月/建築資料研究社出版部
    「立山の家」
  42. 『Tradição e Contemporaneidade no Japão - 10 Arquiteturas Emergentes』2017年7月/Edições CIAMH(ポルトガル)
    「Tree House」
  43. 『世界の木造デザイン』2017年6月26日/日経BP社
    「道の駅ましこ」
  44. 『https://divisare.com/projects/345900-mount-fuji-architects-studio-ryota-atarashi-house-toward-tateyama』2017年6月5日
    「立山の家」
  45. 『https://divisare.com/projects/346435-mount-fuji-architects-studio-mitsumasa-fujitsuka-kasa』2017年6月13日
    「傘の家」
  46. 『ディテール』2017年6月/彰国社
    「荻窪の住宅」
  47. 『MONOCLE issue104』2017年5月/Monocle(イギリス)
    「Trunk (Hotel)」
  48. 『住宅特集 #374』2017年6月/新建築社
    「荻窪の住宅」
  49. 『CONFORT』2017年6月/建築資料研究社
    「知立の寺子屋」
  50. 『建設通信新聞』2017年4月28日/日刊建設通信新聞社
    「tonarino」
  51. 『日本、家の列島』2017年4月20日/鹿島出版会
    「雨晴れの住処」
  52. 『https://divisare.com/projects/342069-mount-fuji-architects-studio-kawabe-akinobu-salon-in-kazo』2017年4月11日
    「加須の美容室」
  53. 『東京の家』2017年4月8日/青幻社
    「雨晴れの住処」「SAKURA」
  54. 『MODERN LIVING』2017年4月7日/ハースト婦人画報社
    「立山の家」
  55. 『近代建築』2017年4月5日/近代建築社
    「知立の寺子屋」
  56. 『http://afasiaarchzine.com/2017/03/mount-fuji-2/』2017年3月20日
    「道の駅ましこ」
  57. 『steeldoc 01/17』2017年3月/STAHLBAU ZENTRUM SCHWEIZ(スイス)
    「Log H」
  58. 『おかやまと中国地方の建築家』2017年3月/吉備人出版
    「seto」
  59. 『MOMUNTUM』2017年3月/日経BP社
    「傘の家」
  60. 『https://www.youtube.com/watch?v=4fEeh-8OFT8』2017年3月19日
    「near house」
  61. 『住宅特集#372』2017年4月/新建築社
    「荻窪の住宅」「岡山A&Aプロジェクト」
  62. 『ディテール』2017年4月/彰国社
    「道の駅ましこ」
  63. 『日本建築学会作品選集2017』2017年4月/日本建築学会
    「海辺の家」
  64. 『ELLE DECOR #149』2017年4月/ハースト婦人画報社
    「立山の家」
  65. 『日経アーキテクチュア』2017年2月/日経BP社
    「立山の家」
  66. 『MARK #66』2017年2月/Mark Publishers(オランダ)
    「知立の寺子屋」「立山の家」「傘の家」
  67. 『愛知の建築』2017年2月/愛知建築士会
    「私の建築原風景」
  68. 『https://divisare.com/projects/335236-mount-fuji-architects-studio-ken-ichi-suzuki-shift』2017年1月18日
    「SHIFT」
  69. 『ハ.ウ.ス. イラストで知る世界の名建築』2017年1月10日/グラフィック社
    「XXXX House」
  70. 『ELLE DECOR #148』2017年1月/ハースト婦人画報社
    「道の駅ましこ」
  71. 『CasaBRUTUS no.203』2017年1月/マガジンハウス
    「傘の家」
  72. 『日経アーキテクチュア』2016年12月/日経BP社
    「道の駅ましこ」
  73. 『ディテール』2017年1月/彰国社
    「知立の寺子屋」
  74. 『http://www.archello.com/en/project/shore-house-1』2016年12月
    「shore house」
  75. 『http://www.archello.com/en/project/m3%E3%83%BBkg』2016年12月
    「M3・KG」
  76. 『http://www.archello.com/en/project/geo-metria』2016年12月
    「Geo Metria」
  77. 『近代建築』2016年12月5日/近代建築社
    「道の駅ましこ」
  78. 『日刊木材新聞』2016年11月18日/日刊木材新聞社
    「知立の寺子屋」
  79. 『日刊木材新聞』2016年11月11日/日刊木材新聞社
    「道の駅ましこ」
  80. 『トニカ北九州建築展作品集』2016年9月/総合資格
    「審査講評」
  81. 『たくみ』2016年10月/たくみ編集部
    「パネルディスカッション」
  82. 『CONFORT』2016年12月/建築資料研究社
    「MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIOが考える木の建築」
  83. 『新建築』2016年11月/新建築社
    「知立の寺子屋」
  84. 『新建築』2016年11月/新建築社
    「道の駅ましこ」
  85. 「新建築」2016年11月/新建築社
    建築論壇:木材を新しい技術として再発見する
  86. 『カタチから考える住宅発想法 「空間づくり」をはじめるための思考のレッスン』2016年10月10日/彰国社
    「雨晴れの住処」
  87. 『住宅特集#367』2016年11月/新建築社
    「立山の家」
  88. 『MODERN LIVING』2016年10月7日/ハースト婦人画報社
    「立山の家」
  89. 『MODERN LIVING』2016年10月7日/ハースト婦人画報社
    「傘の家」
  90. 『GA HOUSES 149』2016年9月/ A.D.A.EDITA Tokyo
    「立山の家」
  91. 『HOUSING』2016年11月/リクルートホールディングス
    「Geo Metria」
  92. 『Espaces Contemporains』2016年7月/Editions Prestige SA(スイス)
    「海辺の家」
  93. 『ELLE DECOR #146』2016年9月/ハースト婦人画報社
    「海辺の家」
  94. 『日刊木材新聞』2016年7月9日/日刊木材新聞社
    「加須の美容室」T-1グランプリ
  95. 『INTERNI #663』2016年7月/The Mondadori Group(イタリア) 
    「海辺の家」
  96. 『https://www.youtube.com/watch?v=QwnTkMuNLpE』2016年7月25日
    「海辺の家」
  97. 『ja #102』2016年6月/新建築社
  98. 『住宅特集#363』2016年7月/新建築社
    「UCHI-MIZU」
  99. 『住宅特集#363』2016年7月/新建築社
    「傘の家」
  100. 『ディテール』2016年7月/彰国社
    「加須の美容室」
  101. 『AD』2016年6月/Publications Conde Nast /AD Deutschland(ドイツ)
    「海辺の家」
  102. 『ASB #181』2016年4月/JAGA(イタリア)
    「Geo Metria」「Tree House」
  103. 『http://www.roomie.jp/2016/05/331359/」
    「near house」
  104. 『新建築』2016年5月/新建築社
     特集:子供を育むまちと建築 寄稿
  105. 『新建築』2016年5月/新建築社
    「都市に森をつくるⅡ 木造建築の新しいかたち」書評
  106. 『建設通信新聞』2016年4月26日/ 建設通信新聞社
    「名城公園(北園)営業施設等事業提案」
  107. 『中部経済新聞』2016年4月26日/中部経済新聞社
    「名城公園(北園)営業施設等事業提案」
  108. 『日本経済新聞夕刊』2016年4月25日/日本経済新聞社
    「名城公園(北園)営業施設等事業提案」
  109. 『arcVision Prize Woman and Architecture 2016 Edition』2016年4月/Italcementi Group(イタリア)
    「Seto」「Tree House」
  110. 『吉祥寺ハモニカ横丁のつくり方』2016年4月/彰国社
    「ハモニカ横丁ミタカ」
  111. 『GERMAN DESIGN AWARD 2016』2016年3月/GERMAN DESIGN COUNCIL
    「Seto」
  112. 『aaca 会報73号』2016年3月/日本建築美術工芸協会
     芦原義信賞受賞・寄稿
  113. 『日経アーキテクチュア』2016年3月/日経BP社
    「インタビュー」
  114. 『日本建築学会作品選集』2016/日本建築学会
    「加須の美容室」
  115. 『日本建築学会作品選集』2016/日本建築学会
    「鉄のログハウス」
  116. 『LIXIL eye no.10』2016年2月/LIXIL
    「鉄のログハウス」
  117. 『日経アーキテクチュア』2016年1月/日経BP社
    「益子町地域振興拠点施設」
  118. 『CasaBRUTUS no.191』2016年2月/マガジンハウス
    「新井薬師の家」
  119. 『住宅特集 #357』2016年1月/新建築社
    「新井薬師の家」
  120. 『T-1グランプリ」http://www.timberize.com/t1gp/t1gp2014_2.html
    「加須の美容室」
  121. 『日刊木材新聞』2015年12月9日/日刊木材新聞社 T-1グランプリ
    「加須の美容室」
  122. 『JIA 全国学生卒業設計コンクール2015』2015年11月/日本建築家協会 
     JIA全国学生卒業設計コンクール2015 審査講評
  123. 『天才建築家の成功するデザインの法則』2015年11月19日/株式会社エクスナレッジ
     インタビュー
  124. 『AGC studio開設5周年記念冊子』2015年10月/AGC studio
    「ハモニカ横丁ミタカ」
  125. 『JIA MAGAZINE Vol.319』2015年9月/日本建築家協会
     JIA全国学生卒業設計コンクール2015 審査委員
  126. 『MY HOME+ 2015年秋号』2015年12月1日/株式会社エクスナレッジ
    「海辺の家」
  127. 『MODERN LIVING 豪邸スペシャル厳選21軒』2015年10月7日/ハースト婦人画報社
    「VALLEY」
  128. 『TOTO通信 2015年秋号』2015年10月1日/TOTO出版
    「鉄のログハウス」
  129. 『住宅特集 #354』2015年10月/新建築社
     鼎談「玄関が変えるまちと住宅」
  130. 『Richesse No.13』2015年9月/ハースト婦人画報社
    「海辺の家」「PLUS」
  131. 『新建築』2015年9月/新建築社
     南三陸町 デザインコンペ 審査講評
  132. 『世界の夢の住まい』2015年8月24日/パイ インターナショナル
    「near house」
  133. 『これ一冊でデザイン力が劇的に向上する間取りガイド』2015年7月31日/エクスナレッジ
    「PLUS」「VALLEY」
  134. 『商店建築 #752』2015年8月/商店建築社
    「YUI BOX」
  135. 『http://www.architectural-review.com/buildings/鉄のログハウス-in-tokyo-by-mount-fuji-architects-studio/8685426.article?blocktitle=AR-House-2015-Finalist&contentID=13784」2015年7月
    「鉄のログハウス」
  136. 『THE ARCHITECTURAL REVIEW』2015年7月/THE ARCHITECTURAL REVIEW(イギリス)
    「鉄のログハウス」
  137. 『Mark #56』2015年7月/Mark Publishers(オランダ)
    「鉄のログハウス」
  138. 『建築ジャーナル』2015年6月/企業組合建築ジャーナル
     インタビュー
  139. 『現代日本の建築家 JIA建築年鑑2014』2015年5月/日本建築家協会
    「Seto」「海辺の家」
  140. 『JIA MAGAZINE Vol.316』2015年6月/日本建築家協会
     JIA新人賞受賞記念座談会
  141. 『http://planet.vectorworks.net/2015/06/inspiration-a-designs-dialogue-with-nature/』2015.6.8/A&A
    「海辺の家」
  142. 『建設通信新聞』2015年5月12日/日刊建設通信新聞社
     JIA新人賞受賞講演会
  143. 『中日新聞』2015年5月9日/中日新聞社
    「知立アフタースクール」
  144. 『建設通信新聞』2015年5月8日/日刊建設通信新聞社
     JIA新人賞受賞講演会
  145. 『http://www.wsj.com/articles/japans-creative-ephemeral-homes-1429196510」/2015年4月
  146. 『http://solomo.xinmedia.com/archi/19184-MountFujiArchitect』2015年3月
    「Seto」「雨晴れの住処」「near house」「Tree House」
  147. 『日刊建設工業新聞』2015年3月20日/日刊建設工業新聞社
    「海辺の家」 JIA新人賞 インタビュー
  148. 『GA HOUSES 141』2015年4月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「Hill House」
  149. 『http://www.japandesign.ne.jp/space/150318_kazo.html』2015年3月
    「加須の美容室」
  150. 『CasaBRUTUS 特別編集 都市型住宅に住む』2015年4月/マガジンハウス
  151. 『作品選集 2015」/日本建築学会
    「Seto」「VALLEY」
  152. 『TOKYO DESIGN WEEK 2014 official book "ALL RECORDS"』2015年3月/Design Association NPO
  153. 『新建築』2015年3月/新建築社
    「海辺の家」 JIA新人賞
  154. 『CasaBRUTUS no.180』2015年3月/マガジンハウス
    「Lixilのリフォームを贈ろう」インタビュー
  155. 『建設通信新聞』2015年2月26日/日刊建設通信新聞社
    「海辺の家」 JIA新人賞 インタビュー
  156. 『Dwell』2015年2月/dwell(USA)
    「Geo Metria」
  157. 『ARCHITECTURE & CULTURE NO.405』2015年2月/A&C Publishing(韓国)
    「Seto」
  158. 『フジサンケイビジネスアイ』2015年2月18日/日本工業新聞社 
    「Shore house」JIA新人賞
  159. 『URBAN ENVIRONMENT DESIGN 090』2015年2月/UED建築雑誌社(中国)
    「Seto」
  160. 『建設通信新聞』2015年2月3日/日刊建設通信新聞社
    「海辺の家」 JIA新人賞
  161. 『http://www.archello.com/en/project/Seto』2015年1月
    「Seto」
  162. 『日事連』2015年1月/日本建築士事務所協会連合会
    「Seto」 日事連建築賞 インタビュー
  163. 「日本新建築 中文版20:木結構建築』2014年12月/大連理工大學出版社
    「加須の美容室」
  164. 『https://thisispaper.com/mount-fuji-architects-treehouse』2014年12月
    「Tree House」
  165. 『JA no.96 Winter 2015 WORLD YEARBOOK 2014』2014年12月/新建築社
    「加須の美容室」
  166. 『住宅特集 #345』2014年12月/新建築社
    「中野の家」
  167. 『Bait ve Noy 139』2014年12月/baitvenoy(イスラエル)
    「海辺の家」
  168. 『Brutus 特別編集 合本 居住空間学 SPECIAL』2014年12月/マガジンハウス
    「Tree House」
  169. 『SUUMO 注文住宅 2015冬』2014年12月/リクルート
    「VALLEY」
  170. 『Casa BRUTUS no.176』2014年11月/マガジンハウス
    「Seto」
  171. 『http://www.designboom.com/architecture/mount-fuji-architects-studio-Seto-shipbuilders-japan-01-21-2015/』2014年11月
    「Seto」
  172. 『http://www10.aeccafe.com/blogs/arch-showcase/2014/11/28/Seto-in-hiroshima-japan-by-mount-fuji-architects-studio/』2014年11月
    「Seto」
  173. 『http://www.archdaily.com/563480/Seto-mount-fuji-architects-studio/』2014年11月
    「Seto」
  174. 『http://www.gooood.hk/Seto-housing-by-mount-fuji.htm』2014年10月
    「Seto」
  175. 『渡辺篤史の建もの探訪BOOK』2014年10月/朝日新聞出版
    「Tree House」
  176. 『建築模型とその提案書展』2014年10月/デザインアソシエーション
    「焼津の陶芸小屋」 「鉄のログハウス」 「益子町地域振興拠点施設(仮称)」 「立山の家」 「SHIFT」
  177. 『Iconic Award 2014』2014年10月/Rat fur Formgebung(ドイツ)
    「Seto」
  178. 『建設通信新聞』2014年10月16日/日刊建設通信新聞社
    「Seto」 日事連建築賞
  179. 『日経アーキテクチュア』2014年10月/日経BP社
    「鉄のログハウス」
  180. 『日事連』2014年10月/日本建築士事務所協会連合会
    「Seto」
  181. 『tokyo no ie』2014年9月/Le Lezard Noir(フランス)
    「SAKURA」 「雨晴れの住処」
  182. 『住宅特集 #342』2014年9月/新建築社
    「鉄のログハウス」
  183. 『DFUN MAGAZINE』2014年9月/C & A Media Co.,Ltd(台湾)
    「Tree House」&インタビュー
  184. 『http://www.archilovers.com/projects/136731/shore-house.html』2014年9月
    「海辺の家」
  185. 『http://www.gooood.hk/shore-house-by-mount-fuji.htm』2014年9月
    「海辺の家」
  186. 『http://www.archello.com/en/project/plus』2014年9月
    「PLUS」
  187. 『http://divisare.com/projects/267143-Mount-Fuji-Architects-Studio-Shore-House』2014年8月
    「海辺の家」
  188. 『http://divisare.com/projects/267146-Mount-Fuji-Architects-Studio-Valley』2014年8月
    「Valley」
  189. 『http://divisare.com/projects/267142-Mount-Fuji-Architects-Studio-Geo-Metria』2014年8月
    「Geo Metria」
  190. 『Living in Style』2014年7月/Redaktionsburo van Uffelen(ドイツ)
  191. 『中国新聞』2014年7月28日/中国新聞社
    「Seto」
  192. 『新建築』2014年7月/新建築社
    「Tree House」 巻頭広告
  193. 『GA JAPAN 129』2014年6月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「鉄のログハウス」
  194. 『現代日本の建築家 JIA建築年鑑2013』2014年6月/日本建築家協会
    「海辺の家」
  195. 『FURNISHING/ZONING』2014年6月/BIRKHAUSER(スイス)
    「Tree House」
  196. 『GA JAPAN 128』2014年5月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「富士山世界遺産センター(仮称)」
  197. 『Casa Brutus 特別編集 最強の家づくり、究極の参考書 VOL.3』2014年4月/マガジンハウス
    「PLUS」
  198. 『建設通信新聞』2014年4月3日/日刊建設通信新聞社
    「富士山世界遺産センター 公募型プロポーザル」
  199. 『GA Houses 136』2014年4月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「立山の家」
  200. 『住宅特集 #336』2014年4月/新建築社
    「near house」 「母の家」 「海辺の家」
  201. 「AERA STYLE MAGAZINE vol.22』2014年3月/朝日新聞出版
  202. 『作品選集 2014』2014年3月/日本建築学会
    「VALLEY」 「Geo Metria」
  203. 『新建築』2014年3月/新建築社
    「加須の美容室」
  204. 『モダンリビングno.213』2014年2月/アシェット婦人画報社
    「モダンリビング大賞 ベスト6賞」
  205. 『MONOCLE issue70. volume07』2014年2月/Monocle(イギリス)
    「THREE AOYAMA」
  206. 『建築知識 #711』2014年2月/エクスナレッジ
    「PLUS」 「VALLEY」
  207. 『住宅特集 #334』2014年2月/新建築社
    「SHIFT」
  208. 『world-architects.com Profiles of Selected Architects vol.1』2014年1月/PSA Publishers Ltd(スイス)
    「海辺の家」
  209. 『Casa BRUTUS no.167』2014年1月/マガジンハウス
    「Seto」
  210. 『ディテール』2013年12月/彰国社
    「雨晴れの住処」 「near house」 「Seto」
  211. 『JA no.92 Winter 2014 WORLD YEARBOOK 2013』2013年12月/新建築社
    「Seto」
  212. 『BRUTUS no.768』2013年12月/マガジンハウス
    「Tree House」
  213. 『新建築』2013年12月/新建築社
    「ハモニカ横丁ミタカ」
  214. 『商店建築 vol.58 12月号』2013年12月/商店建築社
    「THREE AOYAMA」
  215. 『読売新聞 広告特集』2013年11月9日/読売新聞社
    「海辺の家」
  216. 『ミセス』2013年12月/文化出版局
    「海辺の家」
  217. 『リフォーム産業新聞』2013年11月5日/リフォーム産業新聞社
     SACLABプロジェクト「-2.6°」
  218. 『モダンリビングno.211』2013年10月/アシェット婦人画報社
    「THREE AOYAMA」
  219. 『Oris #82』2013年9月/ORIS d.o.o (クロアチア)
    「Geo Metria」
  220. 『KJ 建設ジャーナル』2013年9月/株式会社KJ
    「原田真宏+麻魚 - 1/1」
  221. 『ディテール』2013年9月/彰国社
    「Seto」
  222. 『CONFORT #134』2013年9月/建築資料研究社
    「海辺の家」
  223. 『住宅特集』2013年9月/新建築社
    「母の家」
  224. 『ディテール9月号別冊 住宅の階段』2013年9月/彰国社
    「VALLEY」
  225. 『日経アーキテクチュア』2013年8月25日/日経BP社
    「Seto」
  226. 『SD選書の本』2013年9月/鹿島出版会
    「私のSD選書」 アンケート
  227. 『商店建築vol.58 9月号』2013年9月/商店建築社
    「the 3rd Burger」
  228. 『HOW TO READ HOUSES』2013年8月/BLOOMSBURY (イギリス)
    「PLUS」
  229. 『新建築』2013年8月/新建築社
    「Seto」
  230. 『INTERIOR DESIGNER』2013年8月/China Architecture & Building Press (中国)
    「Geo Metria」
  231. 『Landscape Installation Art』2013年7月/ifengspace publishing (中国)
    「in flakes」
  232. 『dwell』2013年6月/Dwel Media LLC
    「雨晴れの住処」
  233. 『モダンリビングno.209』2013年6月/アシェット婦人画報社
    「海辺の家」
  234. 『住宅の高さ寸法攻略マニュアル』2013年5月/エクスナレッジ
    「PLUS」
  235. 『現代日本の建築家 JIA建築年鑑2012』2013年5月/日本建築家協会
    「Tree House」
  236. 『GA Houses 131』2013年5月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「海辺の家」
  237. 『住宅特集 #327』2013年5月/新建築社
    「海辺の家」
  238. 『日本野 〜必要だけど足りない、これからの日本の緑〜』2013年4月/日経BP社
     鼎談「都市の"余白"としての緑の可能性」「the 3rd Burger」
  239. 『PROUD」 Vol.16/野村不動産
     建築家が選ぶ「住宅のマスターピース」
  240. 『11位国際名師頂峰力作』2013年4月/中国林業出版社(中国)
    「PLUS」「Tree House」「near house」
  241. 『JA #89』2013年3月/新建築社
    「海辺の家」 「母の家」
  242. 『Bulletin』2013年3月/社団法人日本建築家教会 関東甲信越支部
    「私の抱負」
  243. 『朝日新聞』2013年2月22日/朝日新聞社
    「ハモニカ横町ミタカ」
  244. 『Wall Elements Art Wall』2013年2月/ifengspace(中国)
    「SAKURA」
  245. 『和風自然|設計宅』2013年2月/商周出版(中国)
    「焼津の陶芸小屋」
  246. 『BRUTUS』2013年2月/マガジンハウス
    「センセイじゃない建築家リスト」
  247. 『漂亮家居 no.144』2013年2月/Cite Publishers(中国)
    「near house」
  248. 『Materials in Architecture』2013年2月/SANDU Publishing(中国)
    「SAKURA」
  249. 『Directory Natural Stone in the Woorld 2013』2013年2月/Reed Business Information(スペイン)
    「PLUS」
  250. 『住宅特集 #322』2013年1月/新建築社
    「日本全国地域特集について」
  251. 『Casa BRUTUS no.155』2013年1月/マガジンハウス
    「今、住宅を「再生」 させるということ。」
  252. 『CONFORT #130』2013年1月/建築資料研究社
     対談「階段から建築を考える」「VALLEY」
  253. 『Casa BRUTUS extra issue 美しい収納術』2012年12月/マガジンハウス
    「Tree House」 「Geo Metria」
  254. 『建設通信新聞』2012年12月6日/建設通信新聞社
    「VALLEY(中部建築賞)」
  255. 『全球新建築』2012年11月/天津大学出版社(中国)
    「PLUS」 「Tree House」 「near house」
  256. 『SUSU-素住- no.15』2012年10月/エフジー武蔵
    「Geo Metria」
  257. 『新建築』2012年10月/新建築社
    「医療・福祉に建築は何ができるか」 アンケート
  258. 『CONFORT #128』2012年10月/建築資料研究社
     スタジオ・ムンバイ展 PRAXIS レビュー
  259. 『景観設計 no.53』2012年9月/大連理工大学(中国)
    「in flakes」
  260. 『Discover Details in Residence』2012年9月/Phoenix (中国)
    「SAKURA」 「雨晴れの住処」 「PLUS」 「Tree House」 「near house」
  261. 『Simplicity」 Curated by Kiril Ass
    「おおきな家」
  262. 『skyward』2012年8月/JALグループ機内誌
    「VALLEY」
  263. 『MODERN DECORATION HOME #252』2012年7月/Modern Decoration Magazine(China)
     インタビュー
  264. 『日本の家の作り方」 -カテライネ・ノイシンク/NAi Publishers (オランダ)
    「雨晴れの住処」
  265. 『ディテール』2012年7月/彰国社
    「PLUS」
  266. 『住宅インテリア究極ガイド 2012-2013』2012年6月/エクスナレッジ
    「おおきな家」
  267. 『NA選書 木造・木質の構法』2012年6月/日経BP社
    「Tree House」
  268. 『スーパーニュース』2012年6月5日/フジテレビ
    「PLUS」
  269. 『新建築』2012年6月/新建築社
    「YOTSUBAKO」
  270. 『Construir Contemporaneas no.03』2012年6月/CASADOIS(ブラジル)
    「PLUS」
  271. 『Arquitectura Viva #142』2012年4月/Arquitectura Viva(スペイン)
    「Tree House」
  272. 『BRUTUS』2012年6月/magazine house
    「Geo Metria」
  273. 『MODERN DECORATION HOME #244』2012年4月/Modern Decoration Magazine(China)
     インタビュー
  274. 『zeppelin #102』2012年3月/zeppelin magazine(ルーマニア)
    「PLUS」 「佐賀町アーカイブス」 「"O"dome」
  275. 『2012 COMFORTABLE HOUSES』2012年12月/H.K.RIHAN INT'L CULTURE SPREAD LIMITED(香港)
  276. 『ディテール』2012年4月/彰国社
    「Geo Metria」 「near house」
  277. 『住宅特集 #312』2012年4月/新建築社
    「Geo Metria」
  278. 『MIMARLIK』2012年1月/BOYUT YAYIN GAUBU
    「PLUS」 「Tree House」
  279. 『BRUTUS』2012年3月15日/マガジンハウス
  280. 『le journal speciale Z no 03」/ecole specialea architecture
  281. 『屋頂記」/商周出版
    「Secondary Lanscape」
  282. 『モダンリビングno.201』2012年3月/アシェット婦人画報社「VALLEY」
  283. 『ARCHITECTURE HIGH LIGHTS』2012年1月/Shanglin
  284. 『100 CONTEMPORARY HOUSES』2012年1月/TASCHEN
  285. 『Casa BRUTUS no.143』2012年2月/マガジンハウス
    「VALLEY」
  286. 『AECCafe.Com」 http://www10.aeccafe.com/blogs/arch-showcase/2012/01/04/plus-in-shizuoka-japan-by-mount-fuji-architects-studio
    「PLUS」
  287. 『TOTO通信 #495』2012年1月/TOTO株式会社
    「Toririn」
  288. 『新建築』2011年12月/新建築社
     月評
  289. 『THE ARCHITECTURAL REVIEW』2011年11月/ARCHITECTURAL REVIEW
    「佐賀町アーカイブス」
  290. 『SUBLIME』2011年11月/gestalten
  291. 『建築知識 #685』2011年12月/エクスナレッジ
    「PLUS」「Tree House」
  292. 『住宅特集 #308』2011年12月/新建築社
  293. 『ZEIT MAGAZIN』2011年11月/ZEIT MAGAZIN
    「near house」
  294. 『新建築』2011年11月/新建築社
     月評
  295. 『住宅特集 #307』2011年11月/新建築社
    「Tree House」
  296. 『DAM N°30』2011年10月/damnmagazine
  297. 『SUSU-素住- no.11』2011年10月/文化出版局
  298. 『C3』2011年10月/C3 Publishing Co.(韓国
  299. 『就活学生のための建築界図鑑2012」/日経BP社
  300. 『SMALL HOUSES』2011年/12月birkhauser(スイス)
    「Tree House」 「SAKURA」
  301. 『The Phaidon Atlas of 21st Century World Architecture travel edition』2011年11月/Phaidon Inc Ltd(USA)
    「焼津の陶芸小屋」 「SAKURA」
  302. 『新建築』2011年10月/新建築社
     月評
  303. 『101 Small Buildings Ⅰ』2011年/CA Press Co.(Korea)
    「near house」
  304. 『JA #83』2011年9月/新建築社
    「Tree House」
  305. 『新建築』2011年9月/新建築社
     月評
  306. 『住宅特集 #305』2011年9月/新建築社
    「VALLEY」
  307. 『新建築』2011年8月/新建築社
     月評
  308. 『AMICS #92』2011年8月/日本カタルーニャ友好親善協会
  309. 『NEXT-A』2011年8月/ken-plats
  310. 『CONFORT #121』2011年8月/建築資料研究社
    「佐賀町アーカイブス」
  311. 『http://www.minimalhome.com/article/show/206』2011年8月/minimalhome
    「おおきな家」
  312. 『http://www.minimalhome.com/article/show/187』2011年8月/minimalhome
    「near house」
  313. 『http://www.minimalhome.com/article/show/182』2011年8月/minimalhome
    「PLUS」
  314. 『piedras #1」 p54-61/2011年7月/revistapiedras(アルゼンチン)
    「PLUS」
  315. 『新建築』2011年7月/新建築社
     月評
  316. 『X-Knowledge HOME no.15』2011年7月/X-Knowledge
  317. 『ART BOX IN JAPAN vol.4 現代日本の建築』2011年7月/ART BOX international INC.
    「Tree House」 「PLUS」 「焼津の陶芸小屋」
  318. 『VILLAS OF THE WORLD』2011年7月/BOYUAN INT'L BOOK PRESS CO.,LIMITED(中国)
    「PLUS」
  319. 『MOUNTAINS AND OPENINGS RESIDENCE DESIGN』2011年6月/IFENGSPACE(中国)
    「SAKURA」 「雨晴れの住処」 「Tree House」
  320. 『JA』2011年6月/新建築社
    「未来の丘」
  321. 『新建築』2011年6月/新建築社
     月評
  322. 『Casa BRUTUS no.135』2010年6月/マガジンハウス
    「Tree House」
  323. 『DESIGN TODAY』2011年5月/Living Media India LTD,.(インド)
    「near house」
  324. 『Home Theater Hand Book』2011年4月/ステレオサウンド
    「PLUS」
  325. 『新建築』2011年5月/新建築社
     月評
  326. 『METSZET』2011年4月/tervlap(ハンガリー)
    「雨晴れの住処」
  327. 『SUSU-素住- no.9』2011年4月/文化出版局
    「Plana・mesa」
  328. 『MARU』2011年4月/CA PRESS Publishing Co.,Ltd
    「in flakes」
  329. 『Life Style』2011年4月/Beijing LifeStyle Advertising Co.,Ltd.(中国)
    「PLUS」
  330. 『住宅特集』2011年4月/新建築社
     対談
  331. 『新建築』2011年4月/新建築社
     月評
  332. 『de|zine』2011年3月/de|zine magazine(ギリシャ)
    「PLUS」
  333. 『inSIDE; outSIDE Residence』2011年3月/Artpower International Publishing Co.,Ltd.(香港)
    「おおきな家」 「SAKURA」 「雨晴れの住処」
  334. 『GA Houses 120』2011年3月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「House in Southampton」
  335. 『住宅特集』2011年3月/新建築社
    「PLUS(中部建築賞)」
  336. 『新建築』2011年3月/新建築社
     月評
  337. 『新建築』2011年2月/新建築社
    「佐賀町アーカイブス」
  338. 『新建築』2011年2月/新建築社
     月評
  339. 『architecture Asia #1」 p74-77/2011年1月/arcasia
    「焼津の陶芸小屋」
  340. 『VISION』2011年1月/VISION Magazine(中国)/
    「in flakes」
  341. 『スッキリ!!』2011年1月6日/日本テレビ
    「PLUS」
  342. 「TOTO通信 #492』2011年1月/TOTO株式会社
    「near house」
  343. 『住宅特集』2011年1月/新建築社
    「near house」
  344. 『新建築』2011年1月/新建築社
     月評
  345. 『HOUSES IN DIFFICULT PLACES』2010/monsa(スペイン)/
    「PLUS」
  346. 『中日新聞』2010年12月17日/
    「PLUS(中部建築賞)」
  347. 『http://www.toto.co.jp/gallerma/ex101119/exhbt_rpt.htm』2010年12月/TOTO
    「GLOBAL ENDS」 展欄会レポート
  348. 『住宅10年 2000-2010』2010年12月/新建築社
  349. 『家づくりの基礎知識 2011年』2010年12月/建築資料研究社
    「near house」
  350. 『SD2010』2010年12月/鹿島出版会
     SDレビュー2010 展覧会評
  351. 『architecture highlights』2010/Shanglin A&C Limited(香港)
    「おおきな家」 「SAKURA」
  352. 『interior calender 2011』2010年12月/日本オーナメント株式会社
    「Tree House」
  353. 『最高の階段をデザインする方法』2010年12月/エクスナレッジ
    「雨晴れの住処」
  354. 『CONFORT #117』2010年12月/建築資料研究社
    「Tree House」
  355. 「architext』2010年11月/architextdesign(ルーマニア)
    「Tree House」
  356. 「a+a』2010年11月/中国建築学会会刊
    「Tree House」
  357. 『MATERIA ARQUITECTURA #02』2010年11月/universidad san sebastian(チリ)
    「near house」
  358. 『住宅特集』2010年11月/新建築社
    「PLUS(LEAF AWARDS 2010)」
  359. 『Pen no.278』2010年11月/Hankyu Communications Co,Ltd
    「Tree House」
  360. 『Casa BRUTUS no.128』2010年11月/マガジンハウス
  361. 『http://www.channelbeta.net/2010/11/entree-house-tokyo-japan-mount-fuji-architects-studioittree-house-tokyo-japan-mount-fuji-architects-studio/』2010年11月
    「near house」
  362. 『http://www.archthai.com/home/index.php?/near-house-mount-fuji-architects-studio.html』2010年10月
    「near house」
  363. 『http://www.architecture-buzz.com/near-house-mount-fuji-architects-studio/』2010年10月
    「near house」
  364. 『http://www.inhabitat.com/index.php?s=mount+fuji』2010年10月
    「near house」
  365. 『http://www.designboom.com/weblog/cat/9/view/11988/mount-fuji-architects-studio-near-house.html』2010年10月
    「near house」
  366. 『offer」 vol.36 2010年10月/富山県総合デザインセンター
  367. 『新建築』2010年10月/新建築社
    「PLUS」
  368. 『Casa BRUTUS extra issue finest houmes of the 21st century vol.2』2010年10月/マガジンハウス
    「SAKURA」 「雨晴れの住処」
  369. 『Encyclopedia of Detail in Contemporary Residential Architecture』2010年9月/Laurence King Publishing Ltd(イギリス)
    「雨晴れの住処」
  370. 『http://www.jia.or.jp/event/aword/2010/09riefu.htm』2010年9月
    「PLUS(LEAF AWARDS 2010」
  371. 『http://www.dezeen.com/2010/09/16/in-flakes-by-mount-fuji-architects-studio/』2010年9月/dezeen
    「in flakes」
  372. 『http://www.dezeen.com/2010/09/15/near-house-by-mount-fuji-architects-studio/』2010年9月/dezeen
    「near house」
  373. 『日本経済新聞』2010年9月12日/日本経済新聞社
    「PLUS(LEAF AWARDS 2010)」
  374. 『東京新聞夕刊』2010年9月11日/東京新聞社
    「PLUS(LEAF AWARDS 2010)」
  375. 『中日新聞夕刊』2010年9月11日/中日新聞社
    「PLUS(LEAF AWARDS 2010)」
  376. 『静岡新聞夕刊』2010年9月11日/静岡新聞社
    「PLUS(LEAF AWARDS 2010)」
  377. 『FRAME#76』2010年9月/FRAME(The Netherlands)
    「"O"dome」
  378. 『http://theoneblog.com/2010/09/07/meerblick-am-wochenende-aber-nur-am-wochenende/』2010年9月
    「PLUS」
  379. 『新建築』2010年9月/新建築社
     対談「建築の社会性」
  380. 『MARU』2010年9月/CA PRESS Publishing Co.,Ltd(韓国)
    「Tree House」
  381. 『Casa BRUTUS no.126』2010年9月/マガジンハウス
    「in flakes」
  382. 『INTERIOR DESIGN NO.53』2010年9月/DECO MAGAZINE(台湾)
    「Tree House」
  383. 『MODERN DECORATION HOME』2010年8月/MODERN DECORATION MAGAZINE(香港)
    「Tree House」
  384. 『http://cubeme.com/blog/2010/08/04/spiral-shape-house-tokyo-japan-by-mount-fuji-architects-studio/』2010年8月/cubeme
    「Tree House」
  385. 『art4d』2010年7月/Corporation4d Ltd.(タイ)
    「Tree House」
  386. 『http://www.competitionline.de/』2010年7月/competitionline
    「Tree House」
  387. 『http://www.arqa.com/?p=269415』2010年7月/Arqa.com
    「Tree House」
  388. 『http://www.aboutblank.pt/en/arquitectura/tree-house-mount-fuji-architects/』2010年7月/about:blank magazine
    「Tree House」
  389. 『Acura Style』2010年7月/ACURA(カナダ)
    「PLUS」
  390. 『arhitectura』2010年7月/arhitectura(ルーマニア)
    「PLUS」 「Tree House」
  391. 『http://www.archdaily.com/70334/tree-house-mount-fuji-architects-studio/』2010年7月/archdaily
    「Tree House」
  392. 『http://www.archiportale.com/news/2010/07/architettura/tokyo-la-tree-house-di-mount-fuji-architects_19717_3.html』2010年7月/Archiportale
    「Tree House」
  393. 『http://www.edilportale.com/news/2010/07/architettura/tokyo-la-tree-house-di-mount-fuji-architects_19717_3.html』2010年7月/Edilportale
    「Tree House」
  394. 『http://www.designboom.com/weblog/cat/9/view/10937/mount-fuji-architects-studio-tree-house.html』2010年7月/designboom
    「Tree House」
  395. 『http://www.businessstone.com/2010/07/01/architecture-part-heaven-and-part-earth/』2010年7月/businessstone
    「PLUS」
  396. 『INTERIORS』2010年7月/INTERIORS(韓国)
    「Tree House」
  397. 『THE SQUARE』2010年6月/THE SQUARE MAGAZINE(イギリス)
    「PLUS」
  398. 『http://www.arcguide.de/arcguide/haus-und-hof/PLUS.php』2010年5月/arcguide.de
    「PLUS」
  399. 『Casa BRUTUS no.124』2010年7月/マガジンハウス
    「near house」
  400. 『住宅特集』2010年7月/新建築社
    「PLUS」
  401. 『渡辺篤史の建もの探訪』2010年6月4日/テレビ朝日
    「Tree House」
  402. 『住宅特集』2010年7月/新建築社
    「near house」
  403. 『ディテール#185』2010年6月/彰国社
    「PLUS」
  404. 『Architekton』2010年6月/総合資格
    「Tree House」 「"O"dome」
  405. 『Casa BRUTUS no.123』2010年6月/マガジンハウス
    「in flakes」
  406. 『CONFORT #114』2010年6月/建築資料研究社
     連載「日本ワザ行脚」
  407. 『MARK#25』2010年5月/Mark Publishers(オランダ)
    「Tree House」
  408. 『http://artscape.jp/focus/1214496_1635.html』2010年5月/artscape
    「in flakes」
  409. 『http://www.studio5555.de/2010/05/27/plus-villa-von-mount-fuji-architects-studio/』2010年5月
    「PLUS」
  410. 『C3』2010年5月/C3 Publishing Co.(韓国)
    「PLUS」
  411. 『CA』2010年5月/Casamica/Corriere della Sera(イタリア)
    「PLUS」
  412. 『http://www.plataformaarquitectura.cl/2010/05/11/the-plus-house-mount-fuji-architects-studio/』2010年5月/plataformaarquitectura
    「PLUS」
  413. 『ARCH MAGAZINE』2010年5月/Hwaker Publishing Co.,Ltd(台湾)
    「PLUS」
  414. 『FRAME#74』2010年5月/FRAME(オランダ)
    「Tree House」
  415. 『日経アーキテクチュア』2010年5月10日/日経BP社
    「Tree House」
  416. 『新建築』2010年5月/新建築社
    「"O"dome」
  417. 『dwell』2010年5月/dwell(アメリカ)
    「Tree House」
  418. 『http://www.archinnovations.com/featured-projects/houses/mount-fuji-architects-studio-yaizu/』2010年5月/archinnovations
    「焼津の陶芸小屋」
  419. 『Arts Towada』2010年4月/十和田美術館
    「in flakes」
  420. 『29GPS Architecture Magazines for the iPhone 」 (http://www.edition29.com/index.html)
    (http://itunes.apple.com/app/29gps-architecture/id317903070?mt=8)2010年4月/edition29
    「PLUS」
  421. 『ARCHITECTURAL RECORD』2010年4月/the magazine of the AIA(アメリカ)
    「Tree House」
  422. 『http://www.archiweb.cz/buildings.php?&action=show&id=2514』2010年4月
    「PLUS」
  423. 『新建築』2010年4月/新建築社
  424. 「TOTO通信 #490』2010年4月/TOTO株式会社
    「焼津の陶芸小屋」
  425. 『住宅特集』2010年4月/新建築社
    「Tree House」
  426. 『architecture Asia #2』2010年4月/ARCASIA
    「PLUS」
  427. 『CONFORT #113』2010年4月/建築資料研究社
     連載「日本ワザ行脚」
  428. 『CONFORT #113』2010年4月/建築資料研究社
    「Tree House」
  429. 『New Architecture in Japan』2010年3月/MERRELL(イギリス)
    「焼津の陶芸小屋」 「Toririn」
  430. 『hinge vol.176』2010年3月/hinge marketing ltd(香港)
    「焼津の陶芸小屋」 「おおきな家」 「SAKURA」 「雨晴れの住処」
  431. 『http://www.architecture-buzz.com/m3kg-mount-fuji-architects-studio/』2010年2月
    「おおきな家」
  432. 『http://www.plataformaarquitectura.cl/2010/02/20/m3kg-mount-fuji-architects-studio/』2010年2月/plataformaarquitectura
    「おおきな家」
  433. 『http://www.libertarianmag.com/』2010年2月/libertarianmag
    「PLUS」
  434. 『http://europaconcorsi.com/people/59575-Mount-Fuji-Architects-Studio/projects』2010年2月/europaconcorsi
    「PLUS」 「雨晴れの住処」
  435. 『d+a』2010年2月/key editions pte ltd(シンガポール)
    「PLUS」
  436. 『モダンリビングno.189』2010年3月/アシェット婦人画報社
    「Tree House」
  437. 『X-Knowledge HOME 特別編集 no.14』2010年2月/エクスナレッジ
  438. 『archdaily http://www.archdaily.com/』2010年2月
    「PLUS」
  439. 『architecture-buzz http://www.architecture-buzz.com/plus-mount-fuji-architects-studio/』2010年2月
    「PLUS」
  440. 『Yatzer http://www.yatzer.com/2102_plus_residence_by_mount_fuji_architects_studio』2010年2月
    「PLUS」
  441. 『住宅特集』2010年2月/新建築社
    「Tree House」
  442. 『Casa BRUTUS no.119』2010年2月/マガジンハウス
    「PLUS」
  443. 『CONFORT #112』2010年2月/建築資料研究社
     連載「日本ワザ行脚」
  444. 『GA Houses 114』2010年1月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「Tree House」
  445. 『dailytonic http://www.dailytonic.com/plus-by-mount-fuji-architects-studio-jp』2010年1月
    「PLUS」
  446. 『新建築』2010年1月/新建築社
    「Design Vanguard 2009」
  447. 『住宅特集』2010年1月/新建築社
    「Design Vanguard 2009」
  448. 『ホームシアター 48』2010年1月/ステレオサウンド
    「PLUS」
  449. 『モダンリビングno.188』2010年1月/アシェット婦人画報社
    「PLUS」
  450. 『ARCHITECTURAL RECORD』2009年12月/the magazine of the AIA(アメリカ)
  451. 『http://www.thecoolhunter.net/architecture』2009年12月
    「PLUS」
  452. 『http://archrecord.construction.com/features/designvanguard/2009/09Mount-Fuji-Architects-Studio/default.asp』2009年12月/Architectural Record website
    「Plus」 「SAKURA」 「雨晴れの住処」 「ART SITE」 「海辺のゴシック」 「おおきな家」
  453. 『住宅特集』2009年12月/新建築社
    「Plus」
  454. 『一流建築家のデザインとその現場』2009年11月/内野正樹+オブスキュアインク 著/ソシム株式会社
     インタビュー
  455. 『CONFORT #111』2009年12月/建築資料研究社
     連載「日本ワザ行脚」
  456. 『Wallpaper#128』2009年11月/Wallpaper(イギリス)
    「Plus」
  457. 『住宅特集』2009年11月/新建築社
    「Plus」
  458. 「Dentelles d'architecture』2009年10月/MAISON DE L'ARCHITECTURE ET DE LA VILLE(フランス)
    「SAKURA」
  459. 『CONFORT #110』2009年10月/建築資料研究社
     連載「日本ワザ行脚」
  460. 『Architectures A VIVRE no.50』2009年9月/Architectures A VIVR(フランス)
    「SAKURA」
  461. 『HEART #3』2009年8月/HEART international arts magazine
    「SAKURA」
  462. 『商店建築vol.54』2009年8月/商店建築社
    「Plana・mesa」
  463. 『SUSU-素住- 2009 no.2』2009年8月/文化出版局
     インタビュー
  464. 『ELLEDECO no.103』2009年8月/アシェット婦人画報社
    「雨晴れの住処」
  465. 『CONFORT #109』2009年8月/建築資料研究社
     連載「日本ワザ行脚」
  466. 『ARCHITECTURE NOW! HOUSES』2009年/TASCHEN
    「SAKURA」
  467. 『PAPER'S no.32』2009年7月/株式会社竹尾
     見本帖本店 対談
  468. 『10×10/3 100 Architects 10 Critics』2009年/Phaidon Inc Ltd
    「焼津の陶芸小屋」 「おおきな家」 「SAKURA」 「ART SITE」
  469. 『arqa #70』2009年6月/Futur magazine(ポルトガル)
     Exhibition of Japanese Contemporary Architecture "(IN)VISIBLE PROCESS - LISBON 2009"
  470. 『CONFORT #108』2009年6月/建築資料研究社連載「日本ワザ行脚」
  471. 『ROUNDABOUT JOURNAL vol.8』2009年5月
  472. 『FRAME#68』2009年5月/FRAME(オランダ)
    「森の住居 moku」
  473. 『CONFORT #107』2009年4月/建築資料研究社
     連載「日本ワザ行脚」
  474. 『de Architects no.40』2009年2月/Sdu UITGEVERS(オランダ)
    「雨晴れの住処」
  475. 『X-Knowledge HOME 特別編集 no.12』2009年2月/エクスナレッジ
  476. 『MARK#18』2009年2月/Mark Publishers(オランダ)
    「雨晴れの住処」
  477. 『Casa BRUTUS no.107』2009年2月/マガジンハウス
    「雨晴れの住処」
  478. 『CONFORT #106』2009年2月/建築資料研究社
     連載「日本ワザ行脚」
  479. 『モダンリビングno.182』2009年1月/アシェット婦人画報社
    「雨晴れの住処」
  480. 『ROUNDABOUT JOURNAL vol.7』2009年1月
  481. 『THE ARCHITECTURAL REVIEW』2008年12月/Emap Construct(イギリス)
    「雨晴れの住処」
  482. 『新建築』2008年12月/新建築社
    「森の住居 moku」
  483. 『新しい住まいの設計』2009年1月/扶桑社
     インタビュー
  484. 『CONFORT #105』2008年12月/建築資料研究社
     連載「日本ワザ行脚」
  485. 『CONFORT別册 土と左官の本4』2008年12月/建築資料研究社
    「雨晴れの住処」
  486. 『写真工業』2008年11月/写真工業出版社
    「雨晴れの住処」
  487. 『住宅特集』2008年11月/新建築社
    「雨晴れの住処」
  488. 『The Phaidon Atlas of 21st Century World Architecture』2008年11月/Phaidon Inc Ltd
    「焼津の陶芸小屋」 「SAKURA」
  489. 『CONFORT #104』2008年10月/建築資料研究社
     連載「日本ワザ行脚」
  490. 『DESIGN AND DIALOGUE interview with 127 interior designers』2008年10月/Liao Ning Technological Publishing Co.(中国)
    「SAKURA」
  491. 『BIRKHAUSER Complete Catalogue 2008-2009』2008年10月/BIRKHAUSER
    「SAKURA」
  492. 『設計東京2.0』2008年8月/GLOBAL GROUP HOLDINGS,LTD.(中国)
    「SAKURA」
  493. 『X-Knowledge HOME 特別編集 no.11』2008年8月/エクスナレッジ
     スポーツ建築解説
  494. 『Casa Vogue Brazil』2008年4月/Casa Vogue Brazil(ブラジル)
    「SAKURA」
  495. 『Patterns 2. Design, Art and Architecture』2008年/Birkhauser Verlag AG(スイス)
    「SAKURA」
  496. 『Casa BRUTUS no.101』2008年8月/マガジンハウス
    「ART SITE」
  497. 『CONFORT #103』2008年8月/建築資料研究社
     連載「日本ワザ行脚」
  498. 『Casa BRUTUS no.100』2008年7月/マガジンハウス
    「ART SITE」
  499. 『PASAJES DISENO』2007年6月/america iberica(スペイン)
    「SAKURA」
  500. 『建築雑誌 2008 vol.123 no.1577』2008年6月/日本建築学会
     エッセイ
  501. 『BRUTUS no.639』2008年5月/マガジンハウス
    「おおきな家」
  502. 『モダンリビングno.178』2008年5月/アシェット婦人画報社
  503. 『建築細部』2008年4月/Dalian University Of Technology Press(中国)
    「SAKURA」
  504. 『Pen no.218』2008年4月/Hankyu Communications Co,Ltd
    「SAKURA」
  505. 『Intro no.45』2008年/HiEnd Publishing(ブルガリア)
    「SAKURA」
  506. 『Real Design no.22』2008年4月/エイ出版社
    「SAKURA」
  507. 『建築設計演習3 展開編:空間とかたちを操る』2008年3月/鹿島出版会
    「焼津の陶芸小屋」
  508. 『建築設計演習2 標準編:空間とかたちを学ぶ』2008年3月/鹿島出版会
    「焼津の陶芸小屋」
  509. 『THE ARCHITECTURAL REVIEW』2008年3月/Emap Construct(イギリス)
    「SAKURA」
  510. 『GA JAPAN 91』2008年3月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「森の住居」
  511. 『THE LEAF REVIEW no.4 2008』2008/SPG Media Limited(イギリス)
     インタビュー
  512. 『MONUMENT』2008年2月/Text Pacific Pty Ltd(オーストラリア)
    「焼津の陶芸小屋」 「屋上のランドスケープ」 「SAKURA」
  513. 『Casa BRUTUS』2008年1月/マガジンハウス
    「SAKURA」
  514. 『新・空間設計マニュアル』2008年1月/グラフィック社
    「屋上のランドスケープ」
  515. 『Interior Calendar 2008』2007年12月/日本オーナメント株式会社
    「おおきな家」
  516. 『design adDict 2』2007年12月/エクスナレッジ
  517. 『ホームシアター 40』2007年12月/ステレオサウンド
    「SAKURA」
  518. 『SD2007』2007年12月/鹿島出版会
     対談
  519. 『Le』2007年10月/tatlin(ロシア)
    「SAKURA」
  520. 『Gaggenau』2007年10月/Gaggenau(ドイツ)
     インタビュー
  521. 『MARK#10』2007年10月/Mark Publishers(オランダ)
    「SAKURA」
  522. 『Wallpaper#103』2007年10月/Wallpaper(イギリス)
    「SAKURA」
  523. 『建築と写真の現在vol.5』2007年9月/TN Probe
  524. 『CONFORT #98』2007年9月/建築資料研究社
     対談「カツデンアーキテック訪問」
  525. 『新建築』2007年9月/新建築社
    「森の休息所」
  526. 『JAPAN: The New Mix Architecture,Interiors,and More』2007年11月/Graphic-sha Publishing Co,Ltd
  527. 『DETAIL japan』2007年8月/リード・ビジネス・インフォメーション
     鼎談「装飾と現代建築」
  528. 『STUDIO VOICE 380』2007年8月/INFASパブリケーションズ
    「SAKURA」
  529. 『MONITOR 43』2007年7月/MONITOR(ロシア)
    「おおきな家」
  530. 『http://www.noticiasarquitectura.info/especiales/sakura-house.htm』2007.7/noticiasarquitectura
    「SAKURA」
  531. 『http://www.noticiasarquitectura.info/especiales/焼津の陶芸小屋.htm』2007.6/noticiasarquitectura
    「焼津の陶芸小屋」
  532. 『InterCommunication』2007年7月/NTT出版
    「SAKURA」
  533. 『http://www.europaconcorsi.com/db/arch/portfolio.php?id=59575』2007.6/europaconcorsi
    「SAKURA」
  534. 『DETAIL japan』2007年6月/リード・ビジネス・インフォメーション
    「SAKURA」
  535. 『住宅特集』2007年6月/新建築社
    「SAKURA」
  536. 『AD』2007年6月/Publications Conde Nast/AD France(フランス)
    「焼津の陶芸小屋」
  537. 『Memo』2007年6月/ワールドフォトプレス
     世界小屋ジャンボリー2007
  538. 『GA Houses 99』2007年5月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「SAKURA」
  539. 『Casa Vogue Brazil』2007年5月/Casa Vogue Brazil(ブラジル)「おおきな家」
  540. 『CONFORT』2007年4月/建築資料研究社
    「おおきな家」
  541. 『東京新聞』2007年3月19日/中日新聞社
  542. 『日経アーキテクチュア』2007年1月8日/日経BP社
    「Archilab 2006 japon」
  543. 『http://www.europaconcorsi.com/db/arch/portfolio.php?id=59575』2007.1/europaconcorsi
    「焼津の陶芸小屋」 「Toririn」 「おおきな家」
  544. 『住宅特集』2007年1月/新建築社
    「NARAYA plate・沖縄 FOOTBALL GUSUKU」
  545. 『JA 64 YEARBOOK2006』2007年1月/新建築社
    「おおきな家」
  546. 『Esquire』2006年12月/エスクァイアマガジンジャパン
    「おおきな家」
  547. 『新建築』2006年12月/新建築社
    「Archilab 2006 japon」
  548. 『日刊建設通信新聞』2006年11月/日刊建設通信新聞社
    「海辺のゴシック」ゆるやかにつながる社会」建築家31人にみる新しい空間の様相-中崎隆司
  549. 『arhitectura』2006年11月/arhitectura(ルーマニア)
    「Romanian Biennale of architecture Bucharest 2006」
  550. 『AR』2006年11月
    「Archilab 2006 japon」
  551. 『BeauxArts』2006年11月(フランス)
    「Archilab 2006 japon」
  552. 『Pen」 no.186 2006年11月/阪急コミュニケーションズ
    「おおきな家」
  553. 『tentations Liberation』2006年10月27日(フランス)
    「Archilab 2006 japon」
  554. 『Le Monde』2006年10月24日(フランス)
    「Archilab 2006 japon」
  555. 『新建築』2006年11月/新建築社
     プロポーザルコンペティションKOKUEIKAN PROJECT 入選
  556. 『Archilab japon』2006年10月/Archilab(フランス)
    「Archilab 2006 japon」
  557. 『JAPAN: The New Mix 次世代の空間デザイン21名の仕事』2006年10月/グラフィック社
  558. 『SDレビューの25年 1982-2005』2006年10月/鹿島出版会
  559. 『住宅特集』2006年10月/新建築社
  560. 『積算ポケット手帳 店鋪デザインハンドブック2007』2006年10月/建築資料研究社
    「Toririn」
  561. 『平成「経済格差社会」」 -江上剛/2006年10月/講談社
  562. 『日経アーキテクチュア』2006年9月25日/日経BP社
    「屋上のランドスケープ」
  563. 『Casa BRUTUS』2006年9月/マガジンハウス
  564. 『Memo』2006年9月/ワールドフォトプレス
    「屋上のランドスケープ」
  565. 『琉球新報』2006年8月29日/琉球新報社
    「FC琉球サッカースタジアム」
  566. 『沖縄タイムス』2006年8月29日/沖縄タイムス社
    「FC琉球サッカースタジアム」
  567. 『住宅特集』2006年8月/新建築社
    「おおきな家」
  568. 『GA Houses 94』2006年7月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「おおきな家」
  569. 『日経アーキテクチュア』2006年7月10日/日経BP
  570. 『犬と暮らす家。vol.1』2006年7月/ワールドフォトプレス
  571. 『日経アーキテクチュア』2006年4月10日/日経BP社
    「屋上のランドスケープ」
  572. 『商店建築』2006年4月/商店建築社
    「屋上のランドスケープ」
  573. 『日経アーキテクチュア』2007年3月19日/日経BP社
    「屋上のランドスケープ」
  574. 『朝日新聞 夕刊』2006年3月10日/朝日新聞社
     世界小屋ジャンボリー2006
  575. 『Casa BRUTUS』2006年2月/マガジンハウス
  576. 『日経アーキテクチュア』2006年1月9日/日経BP社
  577. 『GA Japan 77』2005年11月/A.D.A.EDITA Tokyo
  578. 『朝日新聞』2005年11月23日/朝日新聞社
  579. 『建設通信新聞』2005年6月23日/日刊建設通信新聞社
    「海辺のゴシック」
  580. 『ブレーン』2005年6月/宣伝会議
    「ONE TEN GALLERY TALK」
  581. 『GA Houses 86』2005年3月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「海辺のゴシック」
  582. 『別冊モダンリビング 快楽住宅vol.2』2005年1月/アシェット婦人画報社
    「焼津の陶芸小屋」
  583. 『新しい住まいの設計』2004年12月/扶桑社
    「焼津の陶芸小屋」
  584. 『建築技術』2004年12月/建築技術
    「焼津の陶芸小屋」
  585. 『GA Japan 71』2004年11月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「Toririn」
  586. 『新建築』2004年11月/新建築社
    「Toririn」
  587. 『LiVES vol.17』2004年10月/daiichi progress
    「屋上のランドスケープ」
  588. 『pulsing vol.12』2004年9月/プラスイングプレス
    「屋上のランドスケープ」
  589. 『家庭画報2004.8月号』2004年8月/世界文化社
    「焼津の陶芸小屋」
  590. 『新建築』2004年8月/新建築社
    「V-cabinet(家具)」 他家具数点
  591. 『新建築』2004年8月/新建築社
    「屋上のランドスケープ」
  592. 『RYUSEI no.530』2004年6月/社団法人龍生華道会
    「焼津の陶芸小屋」
  593. 『QUADERNS no.242』2004年6月/Collegi d'Arquitectes de Catalunya(スペイン)
    「Banco HEBI」
  594. 『LiVES vol.15』2004年6月/daiichi progress
    「町田邸プロジェクト」
  595. 『モダンリビングno.154』2004年5月/アシェット婦人画報社
    「焼津の陶芸小屋」
  596. 『LiVES vol.14』2004年4月/daiichi progress
    「町田邸プロジェクト」
  597. 『日経アーキテクチュア』2004年3月22日/日経BP社
    「焼津の陶芸小屋」
  598. 『GA Japan 67』2004年3月/A.D.A.EDITA Tokyo
    「焼津の陶芸小屋」
  599. 『新建築』2004年3月/新建築社
    「焼津の陶芸小屋」
  600. 『LiVES vol.13』2004年2月/daiichi progress
    「町田邸プロジェクト」
  601. 『INTERIORS no.209』2004年2月/INTERIORS(韓国)
    「焼津の陶芸小屋」
  602. 『JAPANESE DESIGN』2004年/daab(ドイツ)
    「焼津の陶芸小屋」
  603. 『SD-Review』2003年12月/鹿島出版会
    「焼津の陶芸小屋」 鹿島賞受賞
  604. 『美術手帖』2003年3月/美術出版社
    「EMOTIONAL SITE」
  605. 『EMOTIONAL SITE』2003年3月「SITE TOUR/SITE CAFE」
     佐賀町食糧ビルについて解説
  606. 『Amics』2002〜3年連載/日本カタルーニャ協会
    「ニホンカタラナ」 ニホンとスペインの比較建築考察
  607. 『Amics』2001〜2年連載/日本カタルーニャ協会
    「カタラナカタチ」 バルセロナの建築考察
  608. 『confort』2001年2月/建築資料研究社
    「バブルハウス」
  609. 『SD-Review』2000年12月/鹿島出版会
    「@/SCAPE」 入選
  610. 『新建築』1999年10月/新建築社
    「キッズプレイキャンパス」プレ・イベントを通して愛知万博についての考察
  611. 『AXIS vol.79』1999年6月/アクシス
    「Unpack and Then?」 有志卒業設計展
  612. 『日経アーキテクチュア』1998年2月/日経BP社
    「触れる展覧会」新宿オゾンギャラリーでの個展のリポート
  613. 『compe&contest no.52』1997年5月/GALLERY・MA
    「basket house」第2回リビングデザイン賞 準グランプリ

Information
Exhibition

2018 
日本建築学会 作品選奨 受賞業績「立山の家」 出展 
2018 
文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展覧会 芸術家の棲む家「荻窪の住宅」「立ち上がれペン」 出展 
2017 
アーキニアリング・デザイン展 2017「知立の寺子屋」 出展 
2017 
GOOD DESIGN EXHIBITION 2017「知立の寺子屋」 出展 
2017 
Green Initiative Week in Indonesia – Joint Program on Green City and Architecture with South East Asian Countries「道の駅ましこ」 出展 
2017 
Policy Forum on Urban Growth and Conservation -in Euro-Asian Corridor / the Silk Road-「道の駅ましこ」 出展 
2017 
国際木質建築フォーラムWOODRISE「立山の家」 出展 
2017 
Centre Pompidou-Metz Japan-ness. Architecture and urbanism in Japan since 1945 展 「XXXX House」 出展 
2017 
taimatz A&A展 「岡山A&Aプロジェクト」 出展 
2017 
日本建築学会 作品選奨 受賞業績「海辺の家」 出展 
2017 
ギャラリー闇 "ハモニカ横丁の未来"展 「終わらない"現場"」 出展 
2017 
GA HOUSES PROJECTS 2017展 「Miura」 出展 
2017 
日本、家の列島「雨晴れの家」 出展 
2017 
博物館 建築倉庫「道の駅ましこ」「知立の寺子屋」出展 
2016 
岡山アートサミット2016 出展 
2016 
LOCUS DESIGN FORUM[書・築]展 出展 
2016 
博物館 建築倉庫「焼津の陶芸小屋」「立山の家」 出展 
2015 
イラン・トルコ現代日本建築展「seto」 出展 
2015 
ミラノ・トリエンナーレ ARCHI DEPOT TOKYO「焼津の陶芸小屋」「Hill House」「鉄のログハウス」「(仮称)道の駅ましこ」 出展 
2015 
博物館 建築倉庫プレイベント「焼津の陶芸小屋」 出展 
2015 
GA HOUSES PROJECTS 2015展 「Hill House」 出展 
2015 
地域志向 建築デザイン展 東北工業大学「Tree House」 出展 
2014 
Ejp 代官山T-SITE ガーデンギャラリー 「キリハコ」 「立ち上がれペン」 出展 
2014 
TOKYO DESIGNERS WEEK 2014 建築模型とその提案書展 出展 
2014 
El Cami de Tohoku -natura, tradicio i innovacio 「東北への道〜自然・伝統・イノベーション」出展 
2014 
GA HOUSES PROJECTS 2014展「立山の家」 出展 
2014 
KAGUTEN/建築家の創作家具展「鉄のログハウス」 出展 
2013 
16th DOMANI・明日展 建築×アート「鉄のログハウス」 出展 
2013 
5人の建築家と考える"新しい境界"とエクステリアデザイン 「-2.6°C」 出展 
2013 
EAST-EAST4 出展、カウナス、リトアニア 
2013 
新しい建築の楽しさ2013 「ハモニカ横丁ミタカ」 出展 
2013 
3・11後の建築、都市展 巡回展 出展 ロワイヤン市コングレスセンター,フランス 
2013 
GA HOUSES PROJECTS 2013展「鉄のログハウス」 出展 
2012 
KAGUTEN/建築家の創作家具展「V cabinet」 出展 
2012 
予告編ZEN映画祭「キリハコ」 「立ち上がれペン」 出展 
2012 
JFW-IFF 2012 「キリハコ」 「立ち上がれペン」 出展  
2012 
Moscow Biennale of Architecture 出展、モスクワ, ロシア 
2012 
Cool Japan WAO 展示会 「キリハコ」 出展  
2012 
ハーマンミラーストア After One Year 「キリハコ」 出展  
2012 
3・11後の建築、都市展 出展 マラケ建築学校,パリ,フランス 
 
※パリ、釜山、モスクワ、済州、ソウル、アルメニア、麗水、ローマ、香港、北京、ケルン、ブダペスト、重慶、ミュンヘン、ボストン、オアハカ(メキシコ)、エルサレム、メキシコシティ、バルセロナ、モンテレイ、マドリードに巡回 
2012 
建築展 3.11-東日本大震災直後、建築家はどう対応したか 出展 仙台 
2012 
日本現代建築展 RESET 11.03.11#New Paradigms バルセロナ、スペイン 
2012 
GA HOUSES PROJECTS 2012展「SHIFT」 出展 
2011 
カーサブルータスラウンジ 若手建築家の考える未来都市ー3.11を超えて 出展 
2011 
Boom SP Design 2011 日本現代建築展 RESET 11.03.11#New Paradigms リオ・プレート, ブラジル 
2011 
AR House Exhibition 2011「near house」 出展 バーゼル, スイス 
2011 
若手建築家による東日本大震災復興支援・建築デザイン展 オリエギャラリー 
2011 
AR House Exhibition 2011「near house」 出展 ロンドン, イギリス 
2011 
Boom SP Design 2011 日本現代建築展 RESET 11.03.11#New Paradigms サンパウロ, ブラジル 
2011 
リトル東京デザインウィーク2011「雨晴れの住処」 出展 ロサンゼルス, アメリカ 
2011 
Hearts Towada Exhibition「焼津の陶芸小屋」 出展 
2011 
GA HOUSES PROJECT 2011展 「house in Southampton」 出展 
2009 
experimenta リスボン, ポルトガル 
2009 
Dentelles d'architecture ユーラリール, フランス 
2009 
Exhibition of Japanese Contemporary Architecture "(IN)VISIBLE PROCESS - LISBON 2009" リスボン, ポルトガル 
2009 
KANAME EXHIBITION「ゴールドチタンへの挑戦」  
2008 
CAUE 92 出展 パリ, フランス 
2008 
デザインマイアミ/バーゼル 出展 バーゼル, スイス 
2008 
十和田市現代美術館 「in flakes」 出展 
2007 
The Barbara Cappochin Prize for Architecture 「焼津の陶芸小屋」 出展 イタリア 
2007 
リスボン建築トリエンナーレ2007日本帰国展 オゾンギャラリー 
2007 
リスボン建築トリエンナーレ TOKYO REVOLUTION 出展 ポルトガル 
2006 
第7回ブカレスト建築ビエンナーレ 日本現代建築展"Continuity vs Mutation" 出展 ルーマニア 
2006 
アーキラボ2006ジャポン 出展 オルレアン.フランス 
2006 
SD Review 25th Anniversary Exhibition 
2005 
One Ten Gallery 個展 雑誌「ブレーン」 連動企画 
2005 
GA HOUSES PROJECT 2005展 「海辺のゴシック」 出展 
2004 
American Wood Design Award 2004 
2003 
SD Review 2003展覧会 東京展+大阪展 
2002 
Architecture for Humanity 国際設計競技 世界巡回展出展 
2002 
小池一子氏主宰「Emotional Site」 展建築プログラム/カフェデザイン 
2002 
国際芸術センター青森にてアートフェスティバル 森の惑星 展 「針葉樹林の30m」 出展  
2001 
Tokyo Designer's Block「House as Furniture Project」 「絨毯ハウス」 出展  
2000 
Tokyo Designer's Block「House as Furniture Project」 「バブルハウス」 出展 
2000 
SD Review 2000展覧会 東京展+大阪展 
1998 
バスケットハウス 個展 オゾンギャラリー 
1996 
エト・イン・テラ・パックス ダンスパフォーマンス 照明・舞台計画 

Information
Company

MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
株式会社マウントフジアーキテクツスタジオ一級建築士事務所


東京都知事登録 第55566号

>事業詳細

事業内容
1 建築の企画・設計・監理
商業施設(店鋪・レストラン・オフィス・ホテル)
住宅(個人住宅・別荘・集合住宅)
文化施設(美術館・ホール・武道場)
教育施設(各種学校・幼稚園)
福祉施設(病院・老人ホーム・保育所)
生産施設(工場・倉庫・太陽光発電施設)

2 環境の企画・計画
公園緑地計画設計(公園・広場・プロムナード)
通学路のデザイン

3 地域の調査・計画
都市計画(総合計画・基本構想・基本計画)
農山漁村振興計画
災害復興施設 (避難塔・防災センター)

4 インテリアの企画・設計・監理

5 家具のデザイン

6 建築に関する出版業務

7 前各項に付帯する一切の業務





×close

Address: 〒107-0052 東京都港区赤坂-9-5-26 赤坂ハイツ 501

Tel:03 3475 1800
Fax:03 3475 0180
Mail: info@fuji-studio.jp
Web: http://www.fuji-studio.jp

Information
Workflow

どんな建築のご相談もお受けしております。

ご相談を頂いたら、まずお話を伺いに参ります。
私共事務所の仕事内容・設計事例などをご紹介させて頂き、ご要望をお伺い致します。
通常、お会いした後、約3週間をいただき、案をプレゼンテーションをさせて頂きます。

この提案料として10万円を頂いております。設計監理契約に至った場合、その契約金額に提案料を充当します。

業務の流れ

1.現地調査・基本構想
ヒアリング→敷地・法規調査→プレゼンテーション

ご要望をお聞きし、法的な規制や周辺状況等の事前調査の上、どのようなものを創るか提案をさせて頂きます。
それに基づいて計画の方向性の検討、協議をしていきます。

2.設計監理契約~基本設計
設計監理業務委託→現場調査・基本プランの検討

設計監理契約を致します。
この時点で正式に設計依頼をされたことになります。
契約後は、基本構想をもとに基本設計に入ります。
何回も打ち合わせを行い検討を重ねて納得のいくまで基本設計を練ります。
建築及びインテリアのプラン・デザイン・イメージ・色・素材等この段階で十分に時間をかけて検討します。
また、工事費の概算を算出し、予算に応じて基本設計を仕上げていきます。

3.実施設計及び確認申請
詳細プランの検討・役所事前協議・確認申請→実施設計図書の作成

基本設計をもとに工事の発注ができる図面を作成します。
必要に応じて設備・構造図面等も作成します。
実施設計業務と並行して確認申請書類等諸官庁への必要書類の作成、提出を行ないます。
この作業は弊社が、建主の代理として行ないます。

4.施工業者選定~見積り調整
施工業者に見積りを依頼→見積調整→工事請負契約

実施設計図書をもとに施工会社(通常3~4社)に見積りを依頼します。
見積り金額・技術・施工能力を専門家として総合的に判断し、施工業者選定の助言をいたします。
この後、細かい工事費の調整等を行います。
工事請負契約は建主と施工業者の間で交わされます。
私たち建築家は監理者として立ち会いを致します。

5.着工~竣工
工事着工→工事監理→建物の完成・引渡し

工事着工後、私たち建築家は、建主の代理として、図面どおりに工事が行なわれているかを検査・監理し、最終的な材料の見極め等を行ないます。
工事完了時に建主、建築家、施工者の立ち会いのもと最終チェックを行い、引き渡しとなります。


設計監理料について

設計監理料は、ご予算の8~18%とお考えください。*
規模や用途などによりパーセンテージが変わりますので、ご相談の上、決定いたします。
*構造設計者に支払う構造設計料は別途とします。(2%)
設備設計料は別途とします。
(工事規模や内容によりますので、ご相談ください。)

支払時期と割合の参考(状況によりご相談に応じます)

・基本構想業務報酬支払(契約時):
設計監理料の25%
・基本設計業務報酬支払(基本設計終了時):
設計監理料の25%
・実施設計業務報酬支払(実施設計・建築確認申請終了時):
設計監理料の25%
・工事監理業務報酬支払.1(上棟時):
設計監理料の12.5%
・工事監理業務報酬支払.2(建物引渡時):
設計監理料の12.5% ±確定設計料との差額調整金額


Information
Recruit

[建築設計スタッフ、シニアスタッフ 及び 秘書・広報 募集]

MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIOは業務拡張のため、「スタッフ」「シニアスタッフ」「秘書・広報」を募集します。
公共施設、商業施設、住宅や別荘、集合住宅やホテル等々を主に、時には街づくりやインテリア、プロダクトまで、建築を中心とした多様な設計活動を行っています。
より良き建築への探究心はもちろん、様々な新しいことにチャレンジをしたい積極的な方を求めます。

[応募資格]
スタッフ希望の方:
建築系の学士/学部課程以上を今春卒業/修了予定、または既卒の方。
シニアスタッフ希望の方:
設計・監理実務の経験者でPM(プロジェクトマネージャ)のできる方。
秘書・広報希望の方:
海外メディア等とのコミュニケーションができる方。設計業務との兼務可。

[募集業種及び採用人数]
スタッフ:新卒・既卒、若干名
シニアスタッフ:プロジェクトマネージャーのできる実務経験者、若干名
秘書・広報:秘書業務、及び、国内外のメディア対応、1名

[休日]
日・祝日、夏期休暇、年末年始休暇

[勤務時間]
10:00~22:00
※ただし業務状況による

[給与]
社内規定による
※交通費支給

[試用期間]
3ヶ月程度(有給)

[応募方法]
郵送

[提出書類]
スタッフ・シニアスタッフ 応募者:履歴書、ポートフォリオ(返送用封筒同封)
秘書・広報 応募者:履歴書

[結果通知]
面接をお願いする方のみメールにてご連絡を差し上げます。

[提出先]
107-0052 東京都港区赤坂9-5-26 赤坂ハイツ501
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO 人事担当まで


・ 詳細は、面接時にご説明いたします。
・ 応募者の個人情報を採用業務以外に使用することはありません。
・ 採用に関するお問い合わせは、電話にて承ります。


[インターン]

MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIOではインターンを受け入れています。
希望される方は下記メールアドレスへPDF形式の履歴書・簡易なポートフォリオを添付してご送付ください。
郵送にてポートフォリオを送付される場合は、切手と宛先を記入した返送用封筒を同封し、当事務所宛にご送付ください。


〒107-0052
東京都港区赤坂-9-5-26 赤坂ハイツ501
tel: 03 3475 1800
mail: info@fuji-studio.jp

Chiryu Afterschool / 知立の寺子屋


自然科学の寺子屋
愛知県知立市は東海道五十三次の39番目の宿場町である。
敷地は旧東海道沿いの本陣が置かれた場所にあり、地域の歴史的文脈上、町の要と言っていい。その歴史的重要性から、地元に本社を置き世界的に事業を展開するロボット製造会社が、所有者不在となった土地を入手し、まちづくりを含めた地域貢献の施設をつくることになった。プログラムは「自然科学の知識を科学実験を通して英語で教える学童保育施設(=寺子屋)」と、地域の方々、特に母親たちが気軽に集うことのできる「キッチンスタジオ付きカフェ」のコンプレックス。そこには自社と同じく、自然科学の技能によって世界に羽ばたく道筋を地域の子供達に示したいという事業主の思いがある。
計画に当たって、2本の柱を立てることにした。一つは敷地の歴史性から「歴史的文脈を継承する」ことであり、もう一つは科学実験というプログラムやロボット技術という事業主の背景から「自然科学の原理に即する」というものである。

地域の歴史に連なる
この近辺では旧東海道に面して多くの社寺が残り、落ち着いた街並みを形成しているが、そのどれもが、通り側から順に「低い平入り屋根の門」、パブリック・スペースでもある「境内」、その奥にさらに「大きな平入りの本堂」と続く構成を取っている。これに倣って、カフェや職員室を内包する低い平入りのゲート部分、そこを抜けると、隣接する公園(及びその大樹への景観)と連続する「境内」に相当するホール、その奥に主要機能である教室群を内包する大きな平入り空間、と続く構成とした。古い社寺を訪れた際、低い門をくぐって境内に出ると、本堂の反りのある平入りの大屋根に視線が誘導されて、上空へと自然にヘッドアップする清々しい経験を誰もが持っていると思うが、この経験もまた、大屋根の反り上がる天井へと空間形態が反転されることで保存されている。さらに正面の旧東海道側に立つと、低く垂木の並ぶ軒を持つ平屋根の向こうに、より高い主屋の屋根が見えるが、それはほとんどこの地域の社寺の佇まいそのものである。

自然科学の原理にならう
一方、この建築の存在としてのあり方は、自然科学の最も基底的な原理である重力が決定する形=カテナリー・カーブ(懸垂曲線)に即している。二つの並行する鉄骨製の鳥居状の棟木に、子供のための建築らしく、木でできたニットのようなやわらかな屋根架構を掛け渡すことで、空間全体はやさしく覆われている。この木製ニットは縦糸を欧州赤松集成材の短材(長:1500mm、厚:105mm)として、これを横糸のスチールロッド(φ22mm)2本で貫通する様に編み込むことで形成されるが、カテナリー・カーブの性質上、構造内部には引っ張り方向の力しかかからないため、この様な木製の優しくやわらかな架構によって、最大スパン20mもの無柱の大空間を覆うことが可能になるのである。

多様に現象する、単純な原理
完成した建築は、旧東海道側から見れば、近隣の社寺共に歴史的な街並みを形成する穏やかな佇まいであり、隣の公園側から見れば、自然科学の原理を表明する純粋に幾何学的な姿となって、子供達に自然科学の知を分かりやすく教えている。またさらに、内部に入ればそこはシーツの下のような、やさしく伸びやかな子供のための空間でもある。これらに代表される建築の多様な現れは、無関係にかき集められたのではなく、単純な一つの原理から発している。 地域の多様性に開きながら、同時に健全な原理を芯に持つことで、時間を越えていく普遍的強度を獲得できたらと考えている。



「新建築」 2016年11月/ 新建築社

×close

data:
主要用途:アフタースクール、地域コミュニティセンター(カフェ+ホール)
敷地面積:997.76m2
建築面積:536.80m2
延床面積:744.70m2
階数:地上2階
構造:鉄骨造(一部木造)
設計期間:2014年6月~2015年3月
工事期間:2015年6月~2016年7月

principal use:Afterschool, local community center(cafe+hall)
site area:997.76m2
building area:536.80m2
total floor area:744.70m2
number of stories:2 stories
structure:steel frame, partly wood frame
design:2014.6 - 2015.3
construction:2015.6 - 2016.7

photo credit:
Mitsumasa Fujitsuka / 藤塚 光政
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

House toward Tateyama / 立山の家



立山連峰を稲田越しの正面に見晴らす、北陸富山の敷地。
ここに家族四人が暮らす住宅を、という依頼だった。
その恵まれた周辺環境へと開かれた伸びやかな空間と家族の親密な繋がりを育むように程よく閉じた空間。その性格の異なる2種類の空間が重なるような平面構成を求めた。
それは豊かな周辺へと伸び行くよう離散的に配されたRC壁造による解放的な空間の上層に、これとは無関係に木壁造による内向的で程よいスケールの空間をストンとのせることで現実化されたが、これは一枚の平面に2種類の異なる"通り芯"の体系が重ねられたことを意味している。"通り芯"が"通っていない"という、これまでの建築ではありえなかつたことが起こるわけだが、これによって、質の異なる上下の空間は跨ぎあい始め、複数の結びつきや光の干捗が生じ,単調ではない豊かな現象が発生することになった。
この建築の"通り芯からの解放"は、構築的には上層の木壁造を成立させる梁成2,100ミリの大断面集成材によるところが大きい。その階高を一息に確保してしまう程に巨大な縦断面が十分な曲げ強度を獲得し、さらにそれが接合部鉛直方向の十分なスタンスとなることでこの方向については完全な木造剛接合が実現するため、上下の通り芯がずれることで生じる力学上の不合理を、余裕を持って受け入れることが可能になったのである。
不合理と今ぼくは書いたが、しかし、土地を見渡せば,力学上純粋な合理的形状を表すものはそう多くはない(原理は別だが)。たとえば、正面の立山の峰々も,その岩塊は時にオ一バーハングし、また時には吃立するが、これも十分な物質の"量"が可能にする、ありうべき"自然の形"である。木の、或いはコンクリ一トのたっぷりとした質量が、通り芯から自由に、自律的に存在することで生じる感興は,立山の峰々を見る時のそれに近いように思う。
これまで絶対的な制約として建築を束縛してきた"通り芯"から建築を実質的に解放することで空間的にも存在的にも建築は新しい位相へと移ることになるのだろう。



「GA HOUSES 149」 2016年9月/A.D.A.EDITA Tokyo

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:1467.51m2
建築面積:243.98m2
延床面積:192.91m2
階数:地上1階
構造:RC造(一部木造)
設計期間:2012年9月~2013年11月
工事期間:2015年9月~2016年7月

principal use:private residence
site area:1467.51m2
building area:243.98m2
total floor area:192.91m2
number of stories:1 story
structure:reinforced concrete. partly wood frame
design:2012.9 - 2013.11
construction:2015.9 - 2016.7

photo credit:
Ryota Atarashi / 新 良太

>>Article

KASA / 傘の家


“傘”という、おおらかな形式
東海地方の小さな住宅地、その最奧に敷地はある。背後には樹高20mを優に越える主に落葉広葉樹からなる森林公園が広がり、これに守られるようにして、南には長年丹精されてきた陽だまりの庭が抱かれている。40年来の近所付き合いは、鍵をかける必要もないほどの、気の置けない人間関係を醸成していて、取り壊された旧家屋やその庭は近隣の主婦たちのたまり場のようにも使われていた。穏やかな自然環境と小さな社会的環境は対峙するというよりも、相互に混ざり合うようにして有機的な関係性の編物となり、豊かな生活の場所=風土を生み出していた。
ここで新しく家を建て替えるに当たって、内・外を明確に壁面によって規定する従来型の家屋の形式はふさわしくないように思われた。かといって、心理的な“家”としてのまとまりや中心性がないのも、小さな子供から祖父母まで三世代が暮らすことになる建て主家族には馴染まない。
そこで我々が選択したのは“傘”の形式である。
一本のセンターコラムが錘状の屋根を持ち上げる“吊り屋根”の形式であるため、外周壁は通常のように圧縮力を負担する必要がなく、基本的に構造としてフリーになる(倒れ止め程度にほんの少しの引っ張りを受け持つだけでいい)。これは、周辺環境との多様な関係に応答する“境界”を形成するに都合が良い。中心が最も高くなる空間の形状や大黒柱の存在は、暮らしに程よいまとまりや温かみを与えることだろう。
具体的には、大黒柱を有した木造の方形吊り屋根とし、これを敷地形状に合わせて東西に引き伸ばし、更に西側の森と対面する“丘のような緩勾配の屋根上デッキ”を生み出すよう、中心点を東へと偏心させた。この吊り屋根は町組の軸に揃えられたが、その下の内外境界となる外周壁は、森や太陽光に合わせ、屋根とは“9度”の角度を保って設置された。この角度によって、東側の住宅地と西側の森林公園から直接につながる陽当たりの良い“えんがわ”と、庇付きの幅広の玄関ポーチが生み出され、近隣との接続性を高めている。広々としたえんがわに接する南境界は、間口約18mの連続開口となっているが、これは3m近い片持ち状の庇と合わせて、吊り屋根構造が可能にしたものだ。
我々は、穏やかな東海地方の風土に、一本の傘を差し出したのだ。開かれた傘は環境条件によって大らかにゆらぎ、その下には周囲から自然と人々が集まり来て、そして伸びやかに暮らしていくことだろう。東京在住の、建て主にとっては長男でもある建築家は、そんな未来の様を思い描いている。



「JT」 2016年7月/新建築社

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:499.96m2
建築面積:160.29m2
延床面積:231.18m2
階数:地上2階
構造:木造
設計期間:2014年5月~2015年2月
工事期間:2015年3月~2016年4月

principal use:private residence
site area:499.96m2
building area:160.29m2
total floor area:231.18m2
number of stories:2 stories
structure:wood frame
design:2014.5 - 2015.2
construction:2015.3 - 2016.4

photo credit:
Mitsumasa Fujitsuka / 藤塚 光政

>>Article

Roadside Station Mashiko / 道の駅ましこ


風景の建築
栃木県益子町は陶芸に代表される民藝運動で知られている。その南部地域に道の駅を計画するということで、何度もこの地域を訪れた。敷地周囲には延々と田園や畑が広がり、常にその背後には穏やかな低山が取り巻くように連なっていて世界を他から区画している。そもそも地域振興施設でもある道の駅には、外には地域の魅力を明瞭に伝え、内にはそこに住む人々をアイデンティファイするような、ある種の、地域の象徴としての役割がある。そこで考えたことは、ここで目に映る風景、それだけで建築を作れないかということだ。形式(形)も材料(質)も、すべて風景から見いだすことで、その地域らしさを確かめるような建築を求めたのである。

空間を覆う屋根架構と、土地に連なる壁体として建築は整理され、捉えられた。
まず屋根<ルーフスケープ>は周囲に広がる山並み<ランドスケープ>の連なりである。その勾配は地域の山々の稜線に揃えられ、平面的な書割にならないよう、それぞれ異なる位相で起伏する並列する3本の奥行きを持った屋根列とした。その起伏のリズムや肌理感もまた、地域の山並みのそれに倣うことで屋根形は定められ、また、最大スパン32mともなる屋根架構を成立させる材料もまた、八溝杉と呼ばれる地場産材を地元の集成材工場で加工したものを用いている。
一方、壁体以下の下層部は土地に連続する存在である。土間がそのまま立ち上がったかのような台形の壁体は、純粋な地元の土で左官され、その土俵のような豊かな量感によって、益子町が陶器や農産物といった「土からの恵み」で成り立っていることを示し、町の標語でもある「土のおもてなし」を体現している。

山並みのリズムに即して配された木架構や、それを支えながら、一体空間を程よく分節するように離散的に配置された土壁体による内部空間では、大きく小さく移り変わる空間変化や、屋根の位相差によって生まれるハイサイドライトから落ちる自然光の効果もあわせて、付近の山襞を散策するようなシークエンスが生み出され、商品である産物との単純ではない出会いが演出されている。さらに両妻側の大開口部は、その先に広がる田畑や山並みと内部空間を連続させるため、産物や料理として今手に取り味わっているものと、目にしている風景とが直接の関係をもつことにもなる。

こうして作られた建築は、象徴的にも経験的にも土地の風景に連続し、さらにそれを純化し明らかにすることになった。これは陶芸と同じく、人がその土地の風景を解釈し再創造することで生まれる二次的自然の効果なのだろう。
風景でつくり、風景をつくる建築を、求めたのである。



「新建築」 2016年11月/ 新建築社

×close

data:
主要用途:道の駅
敷地面積:18011.88m2
建築面積:1595.26m2
延床面積:1328.84m2
階数:地上1階
構造:RC造(一部木造)
設計期間:2013年8月~2015年8月
工事期間:2015年9月~2016年9月

principal use:Roadside Station
site area:18011.88m2
building area:1595.26m2
total floor area:1328.84m2
number of stories:1 story
structure:reinforced concrete, partly wood frame
design:2013.8 - 2015.8
construction:2015.9 - 2016.9

photo credit:
Mitsumasa Fujitsuka / 藤塚 光政

>>Article

House in Araiyakushi / 新井薬師の家


都市の様相をそのまま引き取る
敷地周辺は戦前からの地割りも残る稠密な住商混合地域。ここに親子三世代が暮らすオフィス兼住宅を、というのが依頼だった。古くからの街らしく、明らかな都市軸もなく、軒を接するように犇めき合う既存建築群もまた、構造形式・規模・用途、それぞれ全て多種多様である。計画によらず、混乱のままに都市化が進展することで、特徴的で魅力的な平衡状態に収束したという、ある種、もっともこの国らしい都市の様相を呈しているようだ。
古典的な手法であれば、このような非-秩序的な敷地背景がある場合、秩序の表象としてモノリシックな「正」のボリュームを対比的に打ち立てるのかもしれない。しかしそれでは結局、非-秩序の一要素に回収されるだけで終わるだろうし、街の特徴という恩恵を捨て去ることにもなる。むしろここでは、積極的に非-秩序としての都市の様相をそのまま引き取り、新たな建築の質に転換してしまうべきではないかと考えた。
三世代の暮らしに加えてオフィスも要求されるこの住宅はそれなりの容積となるが、これをスクエアなボリュームとして既存都市に無理やり押し込むのとは反対に、周囲の隣家・道路・既存樹木・庭石・古井戸・お社、等々といった都市的要素の間に、「浸潤」させるように配置することにした。結果的に外形は都市の様相そのままに、複数の襞を持つアメーバ状の複雑なアウトラインを持つことになったが、それは一様ではない「人の暮らし」にとっては、むしろ好ましい「地形」と読みとることもできる。
この都市的な地形を「人の居場所」へと変換するために、我々が行った唯一の(と言っていいだろう)建築的操作は、いわば「負」の建築ボリュームである「矩形の中庭」を、その複雑な平面の中心に配することである。これによって、快適な採光・通風をもたらすのはもちろん、複数の襞は様々な生活に適した特徴ある諸室へと変わり、また、親子でありながらも自立した世帯である各家族間には適切な距離と間合いが確保されるが、矩形の中庭とそれへ向かう一律勾配の登り梁という内側からの「秩序」によって全体は統合されてもいる。
我々が行ったことを振り返ってみれば、通常であれば「<多様な都市>に、<単純な建築>を押し込み、さらにまたその内部に<居住の多様>性を作る」という冗長なプロセスを、「<多様な都市>を、そのまま<居住の多様>性と捉える」と単純化しただけなのかもしれないし、中庭という内向きの外部に向かって建築の内-外をひっくり返すことで都市と生活を接続しつつ、同時に、都市の無制限な「秩序化」という建築の方向をも、反転させようと試みたのかもしれない。
何れにしても、都市化の「果て」から始まる建築の「その先」が面白いと、思う。


「住宅特集」 2016年1月/新建築社


都市に浸潤する秩序 / アウトラインをもたない建ち方
ずっと、「秩序」は関心事の中心付近にある。
構造・構法・素材・エネルギーなど様々な側面の自然科学的な合理性を担保しながら、経済・法規・慣習・歴史文化などの社会学的合理性にも応えるという、極めて多元的な建築という存在を、さらに社会的恊働によって成立させる為には明晰な「秩序」は不可欠だ。
しかし、世界は森羅万象の事象が起こり続ける動的な環境である。ある時点で完全ではあっても、固定的な秩序はいずれその完結性故に機能しなくなる。完結的な秩序にある種の「冷たさ」を感じるのは、動的な存在である我々を許容しない、その根本的な性格に理由があるのだろう。
だからといって「無秩序」に向かうのは、先に書いたようにあり得ない。無秩序「風」な建築は可能だろうが、その裏では複雑で不健全な秩序が下支えしているだけなのだから。
求めているのは完結的ではない秩序である。「開いた秩序」あるいは「しなやかな秩序」と、我々はそれを呼んでいる。時間の変化を許容し、外部からの新たな参与を可能にしながらも、その統合性を失わないような秩序。
一つ、モデルとしているのは生物の秩序だ。それは常に外部環境や時間による変化を受容しながらも、その有機体としての統合性を保持し続けるまさに動的な秩序である。そしてそれは決して複雑怪奇な秩序ではなく、例えば144度ごとに枝葉を延ばす事で上下の重なりを避け日照を多く獲得するある種の植物のように(これを「葉序」という)、単純で効果的な原理なのである。
そんな「開いた秩序」を用いる事で、生きている世界の為の建築を実現していきたいと思っている。


「住宅特集」 2015年1月/新建築社

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:755.61m2
建築面積:289.34m2
延床面積:333.96m2
階数:地上2階
構造:木造 (一部RC造)
設計期間:2013年6月~2014年6月
工事期間:2014年7月~2015年6月

principal use:private residence
site area:755.61m2
building area:289.34m2
total floor area:333.96m2
number of stories:2 stories
structure:wood frame, partly reinforced concrete
design:2013.6 - 2014.6
construction:2014.7 - 2015.6

photo credit:
Toshiyuki Yano / 矢野 紀行

>>Article

YUI BOX


"1g"のためのデザイン
形而上の幾何学が、形而下の存在へと下ることを、マテリアライズ(=物質化)と言う。マテリアルとしての実質と、形而上の幾何学としての本質が、極限的に均衡する時、その必ずしも重なり合わない両義性が美的強度を生むのだろうと、建築をデザインする中で常に確認しているのは、僕だけではないだろう。
ジュエリーブランドである「shihara(シハラ)」は、ジュエリー特有のデコラティブさは一切持たない。代わりにその“強度”を発生させるのは、上記の建築と同様の美学的機構である。そして、そのプラトニックな幾何学がマテリアライズするにあたり要求する質量は、たとえば代表作の一つである正四面体のピアスの場合、ほんの“1g”の金(Au)だ。“1g”の実質と、それが示す純粋な幾何学。その間に張り詰めている「透明なテンション」がここで展示されるべき対象なのである。
我々がデザインとして行ったのは、仕上げを徹底的に排除したラフなコンクリート躯体の中に、プラトン幾何学の最も基底的な「直角」をコトンと置くこと。ただそれだけである。この「直角」は、厚さ100㎜の展示什器と、高透過ガラスミラーによる姿見からなっている。ミラー面に映り込むことで倍の長さを現す展示什器の背面は鉄シートで裏打ちされた経師貼りの白い面であり、ここに厚さ0.55㎜の化学特殊強化ガラスによる極薄の棚板を磁力によって片持ち状に固定している。ジュエリーの軽量さを生かした磁力による固定は自由な展示レイアウトのためでもある。扉もまた高透過強化ガラスを床面から片持ち状に突き出る棒状のヒンジによって枠もなく納めることで、空中に浮かんでいるかのようにその量感を喪失させている。
以上を含めたすべてのデザイン操作は質量を最小化し、純粋な幾何学との均衡へと環境を導くために行われたのだが、その結果、空間は“1g”のジュエリーと同質な「透明なテンション」に満たされることになった。形而上と形而下の世界が重なり合った、shiharaらしい店舗環境が実現したのではないかと考えている。


「商店建築」 2015年8月/商店建築社

×close

data:
主要用途:ジュエリーショップ
敷地面積:-
建築面積:-
延床面積:20.9m2
階数:地上1階
構造:-
設計期間:2014年9月~2014年11月
工事期間:2014年11月~2014年12月

principal use:jewelry shop
site area:-
building area:-
total floor area:20.9m2
number of stories:1 story
structure:-
design:2014.9 - 2014.11
construction:2014.11 - 2014.12

photo credit:
Daisuke Ito / 伊藤 大介
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

Hill House


海辺からおだやかに登っていく丘、その中腹に敷地はある。
南を見晴らすと大洋のかなたに水平線、西には半島の連なり、北側は里山の緑がとり囲み、東脇には樹齢200年は優に越えるだろう広葉樹が敷地半ばを覆うようにして樹冠を広げている。
四方それぞれに特徴ある景観が広がり、通常のように建築に「表/裏」を設定することは相応しくない。むしろ「四方全てが表」となるような形式を求めることになった。
梁成 2200mmの大断面集成材を完全点対称な「田の字型」に組んだ架構体として二つ用意する。これらを各辺中点の梁を天然木合わせ柱で挟み込み、梁成と同じ 2200mmの隙間をもって空中に掲げあげることで、空間のコーナーが完全に外環境へと開放された矢倉状の構造体が形成される。
そして、線材というよりは既に壁体と呼ぶべき梁成2200mmの架構体は、ある種のスペースフレームとなって空間を内包しているが、この空間を上層に加えるか、あるいは下層に足すのかは任意である。つまり、縦/横/高さ、それぞれ2ディジットを持つ最小限の3次元行列が成立することになる。これを生かして、田の字の各升のスラブを梁の上端または下端、に設定し、天井や視線の高さ、囲まれ方や陰影の具合などを操作することで、既存の豊かな自然環境を居心地の良い住環境へと変性させることを意図した。
しかし、この空間構成の周辺環境への応答の自由度とは別に、構築物としての建築が完全にシンメトリーな秩序からなっていることに僕の関心はある。さまざまに移ろいゆく自然の流れの中にコトンと置かれた自律的な秩序。竣工し、世界の存在の一部となった後、その周りに発生するだろう環境の波や渦の具合がデザインの対象であるような気がしている。


「GA houses 141」 2015年3月/A.D.A.EDITA Tokyo

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:826.23m2
建築面積:90.27m2
延床面積:275.85m2 階数:地上3階
構造:木造

principal use:Culture Center
site area:826.23m2
building area:90.27m2
total floor area:275.85m2
number of stories:3 stories
structure:wood frame

photo credit:
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

Mount Fuji World Heritage Center / 富士山世界遺産センター


富士は、その優美な姿はもちろんのこと、それに加えて、無数の文化・芸術の創造の源泉となり、またそれを育んできた存在としての価値が高く評価され、世界文化遺産に登録されることになりました。
これを記念するセンターの計画に当たって、第一に、富士そのものにならいながらも、更に富士が生み出してきた関連文化のデザインに学び、これを再編集することで、万人にとって「新しく魅力的な空間・建築」を創りだします。こうすることで、富士の歴史・文化に深くつながりながら、その価値を広く未来に向かって発信する、不二なる「富士世界遺産センター」を実現したいと考えます。



×close

data:
主要用途:文化施設
敷地面積:7000m2
建築面積:4200m2
階数:地下1階 地上2階
構造:鉄骨造(一部木造)

principal use:Culture Center
site area:7000m2
building area:4200m2
number of stories:2 stories + 1 basement
structure:steel frame, partly wood frame

photo credit:
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

Log H / 鉄のログハウス


鉄のログハウス
「大壁」よりも「真壁」に、さらにその先に興味がある。
構造体をその内側に隠したプレーンな面である「大壁」は空間の「ガワ(側)」を示すだけの存在に控える事でその「空間性」を際立たせるが、「真壁」は建築を成り立たせる構造を表面に突出させる事で、「ガワ」として空間を指示するだけでなく、よく構築された物質が周囲に放つ「場所性」を住環境に重ねる事ができるからだ。
そして「真壁」を超えて、さらに強い場所性を生み出すもう一つの壁のあり方として「ログハウス」がある。その名の通りログハウスの壁面は構造である「丸太材(=ログ)」だけで構成されていて、その強い物性が濃密な「場所性」を発生させる。「ガワ」としてのプレーンな面のないログ壁面は、純粋な「空間」だけを表す「大壁」の対極に位置する、純粋な「場所」を表明する存在なのかもしれない(その中間にあるのが「真壁」なのだろう)。
東京都内の極めて一般的な新造分譲宅地の一画にある敷地に、夫婦二人のための住宅をデザインするにあたって我々が選択したのは、この「ログハウス」の形式である。ただし、丸太材ではなく大規模ビル建設等に用いられる700(1000)×350×16×25(32)mmという大断面H型鋼によるスチール製のログハウスだ。その巨大な重量・強度に加えて、ロール圧延によって成形されるH型鋼の工業製品ならではの数学的整形性とRのかかった入り隅部に現れる優しさといったH型鋼の「物質的性質」をログハウス状に組み上げ強化・増幅する事で、無個性な新造住宅地に、そこに積極的に住みたいと思える「場所性」を与える事を試みたのである。
それは丸太材が集積する通常のログハウスの荒々しく素朴な場所性とは異なった、理知的でありながら優しく強い、新造の都市域にふさわしい場所性の種子である。僕達は土地の新たな「よりしろ」となる事を、この鉄製のログハウスに求めたのだ。


「住宅特集」 2014年9月/新建築社


「こわさない・こわされない」
日本では、社寺仏閣が建て替えられる際、そこで使用されていた柱や梁などの材料は「お下がり」として、他の建築物の材料として再利用されていく。社寺仏閣に限らず、この国の伝統的な木造建築では、材料は一世代の建築物で終わらずに、何世代もの建築物へと転用されリユースされていく。言い換えれば、材料は流通を続けるその一過程において、たまたま「ある建築の形」をとっているだけなのである。
その意味で、この伝統的な建築システムには廃材というものがない。限りなくゼロエミッションの理想に近い、破壊・廃棄という建築の原罪を解消する「未来の建築システム」だと言えるのではないか。
この伝統的な木造のシステムを、他の現代的な構造システムで展開できないかと考えた。今回は現代の主要な構造形式である鉄骨造を主題とした。通常、高層建築物で用いられるH型鋼(h700×w350)を校倉式に組み上げる事で、建築全体を構築している。ジョイントは簡易な高力ボルト接合なので、建設はもちろん解体まで、極めて少ない時間とエネルギーによって行う事が可能である。住居としての用途を終えた後は速やかに分解され、次の建築の一部として利用されていく。
伝統からの断絶を求めた近代以降、自然と建築は互いに「こわす・こわされる」という侵略闘争を続けてきた訳だけれど、そろそろ、その位相を越え出るべき時だろう。
「流転の中にある建築」、或は「終わらない建築」へ、向かおうと思う。


2013年 「16th DOMANI・明日展」出展テキスト


鉄の器
 「器(うつわ)」は、建築を学び始めた学生に対して、その「本質」について説明するとき、喩えに使われることの多いものの一つだろう。
 たいていは「器の<本質>とは、ガラスや樹脂などの<物質>にあるのではなく、その<虚ろな部分>にある。なぜなら液体を満たすという器の目的は何もない<虚>の存在によって叶えられるからだ。」とされ、その後に「これは建築についても同様である。なぜなら建築の目的である用途が果たされるのは、鉄やガラスやコンクリートといった<物質>の部分ではなく、それらによって囲まれた<虚ろな部分>だからだ。すなわち、建築の本質とは<空間>である。」と続き、時には「であるから、<物質>などは瑣末な問題であって、これに捉われては<建築の本質>を見失うことになる」と継がれることもある。
 「建築」とは、目に見える実体である「建築物」のことだと、世間一般と同じく信じてきたウブな学生にとっては、これはちょっとしたカルチャーショックだろう。こうした、少しアカデミックな香りのするインパクトによって「建築=空間」という教義は刷り込まれ、そしてめでたく建築学の入り口は開かれる、というわけである。

 この「建築=空間」の大変分かりやすいたとえ話には、やはり、それなりの説得力があって、「うん、その通り」と同意しそうにもなるけれど、僕などは「それはどうかな?」と思い留まってしまう。たとえが「器」なのがいけない。「だって、同じ100ml入る「器」でも、ペカペカのプラコップで呑む日本酒と、たとえば黄瀬戸の茶碗*でいただくそれとでは、酒呑みの幸福は全く違うものだろう?」と、同じく酒呑みである僕はすぐに気づくのだ。であれば、建築だって同じことだろう。「空間」が同じでも、それが<何で><どのように>できているかで、人の受ける感覚はまったく異なる。つまり、「建築」は「空間(の構成)」と「物質(の構築)」の、その両方でできているわけだ。いや、もっと正確に、そして若干小難しく言えば、建築とは「<空間という本質>と<存在という実質>が重なり合った状態」のことで、それらが調和したり、せめぎ合ったりする、その関係の操作が建築におけるデザイン行為だと、僕は考えているのである。
(*数年前、ニューヨーク在住のある著名なギャラリストの自宅で日本酒をいただいたことがある。酒自体、上等なものだったと思うけれど、未だにその味わいの記憶が鮮明なのは、その器の印象によるところが大きい。手にしっとりと馴染む肌理と重さの、淡い黄土色の黄瀬戸の茶碗だった。これが他の器だったなら、特別な記憶として今蘇り、こうして題材にすることもなかったろう)。

さて、「鉄のログハウス」はプラコップではなくて、いわば黄瀬戸の茶碗だ。100m2に満たない小さな住空間は、巨大なH型の重量鉄骨(h700mm×w350mm×t25mm×t16mm、最上層はh1000mm×w350mm×t32mm×t16mmに変化する)を井桁に組むことで覆われている。このログハウスの形式は、構造を内側に隠蔽してしまう「大壁」の建築とは反対に、構造材を幾重にも積層しそれを露わすことで物性を濃縮しているが、それによって黄瀬戸の茶碗と同様に、物質固有の気配が空間に(実は都市空間にも)溶かしこまれることになるのである。今回の「気配」とは、H型鋼特有の丸みを帯びた入隅や汗をかいた馬の肌のような黒皮の表面にあらわれる「あたたかみ」、あるいはその圧倒的な質量による「存在の確かさ」だろうか。この作品で僕が欲しいと願ったのは、そんな濃密な実質の力場が、透明な空間の本質を、おだやかに抱擁しているような様相だったのかもしれない。言い替えれば、この住宅は「鉄の器」なのだ。
「空間」一辺倒で洗練されてきたモダンハウスに、建築が持っていた「実質の力」を取り戻したい。H型鋼に特有の「強さと共にあるあたたかみ」に、僕はその願いを託したのである。


2016年 「LIXIL eye」 LIXIL


×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:85.07m2
建築面積:35.86m2
延床面積:97.27m2
階数:地上3階
構造:鉄骨造
設計期間:2012年10月~2013年6月
工事期間:2014年3月~2014年7月

principal use:private house
site area:85.07m2
building area:35.86m2
total floor area:97.27m2
number of stories:3 stories
structure:steel frame
design:2012.10 - 2013.6
construction:2014.3 - 2014.7

photo credit:
Koji Fujii, Nacasa&Partners Inc / 藤井 浩司 (ナカサアンドパートナーズ)
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

Salon in Kazo / 加須の美容室


2つの構築・2つの構成
人口10万人程の北関東の地方都市に敷地はある。駅から徒歩5分程の立地だけれど、周囲は低層の商店や駐車場がほとんどで、そこに4・5層の商業ビルがまばらに建っている程度だ。いわゆる地方都市の漠然とした風景が、北関東特有の透明な青空の下に低く広がっているような地域である。この土地出身のクライアントは地域で最も高く評価されている美容師で、これまではテナントビルの一画で営業をしてきたが、更なる発展と、地域の永続的な文化拠点となることを願って、独立の美容室の設計を依頼してきた。
「新しくありながら、永続性を保つ存在としてデザインすること」、「周囲の日常的な風景からは閉じながら、上層の自然に対しては開くこと」等の、どこか相反する条件へと状況は解釈されていった。 用いた手法は「2つの構築」と「2つの構成」を重ね合わせることである。通常は1つの構築によって1つの空間の構成を実現する訳だけれど、それでは2つの「相反する問題」のセットに答えられない。構築と構成をそれぞれ2つずつ用意することで、その間の関係を複数化し、単純ではない問題に応えようと考えたのである。
具体的に我々がとった、新しく・永続的な構築の手法としては、都市木質化の追い風を受けて昨今伸展著しい大断面集成材を活かしたものだ。今や容易かつ安価に幅2m以上・厚み200mm以上の大断面材が手に入る状況にあって、木材は既に「線材」を超え出ている。天井高を一息に確保できるこのサイズが実現している今、木は「線材」というよりも、RC壁造と同等な「面材」もしくは「マス」と考えた方が適切な段階にある。そこでRC壁体とほぼ同厚の「木壁体」を用意し、それらを構築上、等価に扱うことを考えたのである。
まず2枚のRC壁体を、敷地周囲の極めて日常的な風景から距離をとり適度に閉じるためにクルリと敷地上に配することで、奥性があり包みこまれた空間を生み出す。その上に13mスパンを跨ぐ、ストレートに伸びた木壁体数列をストンと載せることで、北関東の透明な光と空気に対して開いた明るくヌケのいい空間を重ねたのである。このようにして「閉じつつ・開いた」、明るく自律した美容環境が発生することになった。
構築も構成も、それぞれ実に単純な操作しかしていない。この「手数の少なさ」と、構成と構築が2つずつ用意されそれらが重ね合わされることで発生する「現象の多様さ」、その比率・コンポジションがこの建築にある種独特な「質」を与えているのである。
構成だけでも、構築だけでもない、それらが掛け合わされたところに生じる「何か」に僕は興味がある。


「新建築」 2014年3月/新建築社

×close

data:
主要用途:美容院
敷地面積:493.56m2
建築面積:204.48m2
延床面積:193.39m2
階数:地上1階
構造:RC造
設計期間:2013年2月~2013年6月
工事期間:2013年8月~2014年1月

principal use:Salon
site area:493.56m2
building area:204.48m2
total floor area:193.39m2
number of stories:1 story
structure:reinforced concrete
design:2013.2 - 2013.6
construction:2013.8 - 2014.1

photo credit:
Akinobu Kawabe/ 川辺 明伸

>>Article

THREE AOYAMA


東京の中心でニュートラルであること
商業建築というものは、そもそもニュートラルからほど遠い。周囲に抜きん出るために、大きな声で自社の商品を売り込むことが使命なのだから、それらは常にテンションの高いデザインである。その傾向は周囲と競合することで相乗的に高められるので、商業密度が濃い都心部に近づくにつれ、耳を塞ぎたくなる程に、デザインの「圧力」は高まってくる。その圧力に対して、知らず知らずのうちに自身の感度を絞り、或は閉ざすことで、固く身を守ろうとしているのが都市生活者の現実なのだろう。
一方、クライアントは自然派の化粧品ブランドである。様々なストレスから心身を解き放つことで、人が本来有している生命力を高め、それによって人為的ではない美しさを得るという考え方であり、そのコンセプトは「ニュートラル」である。
前述のような「圧力」の高い都市環境の只中にあって、いかに「ニュートラルな場」を実現し、人々の心身を世界に対して開いていくか、がテーマとなった。
先ず、都市の「圧力」をキャンセルする仕掛けとして、敷地角の3割近い面積をポケットパークという「建てない領域」として確保してしまった。そしてその「都市の空隙」に面するように各店舗を配置することで、都市の圧力から一歩引いた環境を獲得しようと試みたのである。建築的にもL字型のセメント質のスラブが三枚空中に浮かべられただけの極めて単純な形式をとり、余計なデザインの「声」が発生しないように配慮している。
建築に加えて、3店舗の内装を設計したが、それぞれのデザイン意図は共通している。それは建築と同じく表層的な大声のデザインの対極として、表層・下地の区分のない「ムクなる素材」で全体を構成するというものだ。具体的には、化粧品の原料でもある「化石珊瑚石」、生命を育む土壌としての「版築」、瑞々しい森を現す「ブナブロック」、これら3種のムク材を単なる仕上げ材としてではなく、大きなマスとして配することで、表層的な記号ではない、自然の世界そのものがもつ奥深く解像度の高い世界を立ち現すことを試みたのである。
そのような微細で豊かな世界は、デザインの圧力をゼロに近づけることで、感覚することが可能になったが、ここでもう一度、都市の視点にまで引いてみると、このニュートラルな世界は、むしろハイテンションな周囲の世界を「地」として、どのような大声のデザインよりも効果的な「図」として機能していることに気づく。そのような商業の「反転」は、今後の都市を好ましいあり方へと変えていく可能性を示しているように思う。


「商店建築」 2013年12月/ 商店建築社

×close

data:
主要用途:コスメティックショップ、
カフェ、スパ
敷地面積:434.37m2
建築面積:241.79m2
延床面積:691.95m2
階数:地上3階
構造:鉄骨造
設計期間:2012年12月~2013年8月
工事期間:2013年4月~2013年9月
業務:建築デザイン監修・内装設計監理

principal use:cosmetic shop, cafe, spa
site area:434.37m2
building area:241.79m2
total floor area:691.95m2
number of stories:3 stories
structure:steel frame
design:2012.12 - 2013.8
construction:2013.4 - 2013.9<
scope of works:building design supervision・interior design & construction supervising

photo credit:
Takahiro Igarashi / 五十嵐 隆裕
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

Harmonica Yokocho Mitaka / ハモニカ横丁ミタカ

意図の埒内/埒外、その配分
端的に言ってしまえば、世界をある「意図」の元に整理していくことが建築デザインの本質だ。無秩序は取り除かれ、暗がりは明るく照らされて、ル・コルビュジエの言うところの「輝く都市」が世界を満たしていく訳だけれど、それがある臨界に達すると、今度は反転して、人は「意図の埒外」を求めはじめるようである。
そんな昨今の状況から、現在に残された意図の埒外の代表として戦後に自然発生しこれまで存続してきた「闇市」は、多くの大学研究室が調査対象にするなど、その価値が再評価されつつある。しかし、最近では下北沢の闇市が撤去されてしまったように、その将来は決して安泰ではない。
今回は、そんな闇市の代表的な存在でもある吉祥寺ハモニカ横丁を、レトロスペクティブな感傷に陥るのではなく、その意義を未来へと繋いでいくことを目的に起こされたプロジェクトである。「意図の埒外を設計する」、つまり「デザインしない/をデザインする」という、そもそも語義矛盾のようなことが求められた。具体的には三鷹にある元パチンコ店舗だったテナントビルの一階を、7店舗程の飲食店群からなる「新しい闇市」に変換するという試みである。
そこで、我々がとった方法は、以前「佐賀町アーカイブス」で試みた「トムとジェリー」手法の発展形である。各テナント店舗が、確かなデザイン意図によって仕上げられた「トムの空間」を作り出すと、その裏面に下地が露になった意図外の「ジェリーの居場所」が生まれてしまうという仕組みだ。佐賀町~と異なるのは、トム/ジェリーの関係が単一ではなく複数となり、その関係が多様になったことだろう。関係が複雑になることで、より一層デザインの一意性は弱められ、ジェリーの居場所は更に意図の束縛から自由になっていく。
人は純粋な「輝く都市」だけでは息がつけないし、全くの「闇市」だけでも生きてはいけない。健全な暮らしには、その明-暗の「配分」が重要なのだろう。意図の世界と対となって、意図の埒外の世界が発生するこの手法は、ある種、これからの都市を御していく為のモデルとならないかと考えている。


「新建築」 2013年12月/新建築社

×close

data:
主要用途:飲食店
延床面積:243.69m2 (改修面積)
階数:地上1階
構造:RC造
設計期間:2013年1月~2013年5月
工事期間:2013年6月~2013年7月

principal use:Restaurant
total floor area:243.69m2 (renovation area)
number of stories:1 story
structure:reinforced concrete
design:2013.1 - 2013.5
construction:2013.6 - 2013.7

photo credit:
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

SHIFT


未来に構える
都心から在来線で40分程の距離にあるこの地域は、東京を中心とした郊外開発の最外縁部である。緑地と農地からなる市街化調整区域が市街化区域へと転換されることで宅地化されつつあり、その風景は日々目まぐるしく変化している。都市として落ち着いた恒常状態へと収束するまでには、まだ10年(あるいはそれ以上)はかかるだろう。
遷移状態に特有の不調和や混乱は避けがたいが、だからといって収束するまでの短くない期間、耐えて暮らせというのも当たらない。遷移状態が常態化しているのはこの国の現実なのだから、短期的な解決を超えて、現状から未来へと切り結ぶような建築の形式はないかと考えた。
採用した建築的な操作は1つしかない。3m近い高低差のある斜面地形内に半ば埋もれた3層からなる直方体状のボリュームを、その短辺分だけシフトするというものだ。イタリックの「N」の様な形式は、将来にわたっても変わる事のない南側の里山へのビューを取り込み同時に大きなテラスを生み出しながら、今は駐車場や田畑として空地になってはいるが、近い将来、住宅が建て込んでくる事が予測される隣地からのオフセットを立体的にとる事で、将来的なプライバシーと採光を確保している。
未来の都市環境への「構え」として採用された形式は、単にパッシブな外部要因への応答としてだけではなく、自律的な空間展開をも生み出している。シフトによって発生した2層分の吹き抜け空間には、南側の居室群を内包するボリューム越しの自然光が、2階床や天井でバウンドしながら届くことで、そのボリュームによる隔たりと合わせて、騒然と発達する外部からの「奥性」を生み出し、住環境にケイブのような落ち着きを与えている。同時に「流動/滞留」の空間配分もまた、斜めにスラッシュする軸線によって規定され、幾何学上ちょうどくびれた部分が移動空間に、幅広な部分が滞留空間となり、直角に突き当たることのない動線がそれらを滑らかに接続することで、自然で変化のあるシークエンスが生活経験に仕込まれることにもなった。
プロジェクトの中で改めて気づいた事は、世界に「完成」などはない、という当たり前な事実だ。常に状況はシフトし続け、歪みも軋みも、消えることはない。しかし、だからといって「普遍なるもの」があり得ないと言う事もない。流れの中の砂州がなぜかその形状を保ち続けるように、時間を超えうる建築はあり得る。それはかつてのように、時間経過という要因を無視するのではなく、むしろ積極的に、その時間による「シフト」を認める事によって至る事のできる「新たな次元の普遍性」ではないかと、予感している。


「住宅特集」 2014年2月/新建築社

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:638.37m2
建築面積:226.6m2
延床面積:303.95m2
階数:地下1階 地上2階
構造:RC造
設計期間:2011年1月~2012年3月
工事期間:2012年8月~2013年7月

principal use:private house
site area:638.37m2
building area:226.6m2
total floor area:303.95m2
number of stories:2 stories + 1 basement
structure:reinforced concrete
design:2011.1 - 2012.3
construction:2012.8 - 2013.7

photo credit:
Ken'ichi Suzuki / 鈴木 研一

>>Article

Seto


海辺の街のパブリックスペース
瀬戸内海に面するこの地域は、里山がそのまま海面へと落ち込んでいくような地勢で、街は斜面にはりつくように広がっている。当然のように平場は限られていて、街の人々が集い催しを行うようなパブリックスペースが圧倒的に不足していた。求められた用途である造船会社の社宅機能に加えて、われわれが実現を試みたのは、崖上の斜面地という敷地状況を逆手に取って、建築によってパブリックスペースをつくり出し地域に開くことである。
具達的には、3層の居住ボリュームを半ば崖にオーバーハングするように配置し、瀬戸内の豊かな景観へと開けたその屋上を、高い位置にある北側背面の道路から、大階段を介して直接にアプローチ可能な「十分な広さを持ったパブリックスペース」として地域に開放したのである。

「船殻」的構造形式
特徴的な崖上に大きく跳ね出されたキャンチレバーは、最大限大きな屋上広場を生み出すことと、脆弱な崖地に応力が伝達されないよう、杭を崖端から必要なだけオフセットすることで導きだされた形式だが、これを可能にしたのは3層に跨がる連続構造壁面と、跳ね出しの反対側でカウンターウェイトとして作用するタワー棟の存在である。
3階高分(=約10m)の梁成と見做すことのできる3枚の主要な構造壁面と、これに直角に@6000mmで反復される短手方向の構造壁面に4枚のスラブ面が升目状に組み合わされることで、全体としては大型船舶の構造形式である「船殻構造」のような合理的な構造体が形成され、経済的にもリーズナブルな建築として成立することになった。

地域と繋ぐ
広場に穿たれたふたつのライトコートは、そこを降りる事で各住戸へと向かっていく移動空間でもある。面積的に高効率な形式とはいえ、陰湿になりがちな中廊下にはこのふたつのライトコートが光と風を届け、同時に各住戸の光・通風環境を大幅に改善してもいる。
大階段、スロープ、ふたつのライトコート内のコールテン鋼製の階段(塩害に備えて金物は全てニッケル含有のコールテン鋼露しとしている)、それらが面する中廊下というように、導線はコンクリートの塊のような建築をさまざまに取り巻きながらシークエンシャルに展開し、それはそのまま地域の導線に接続されることで、社宅内の住戸群は街から乖離せず、むしろ街の一部として地域に連続することも成功している。

未来のランドスケープとして
以上に一部挙げたように、自然や社会の多種多様な要求に応えながらも、それらの「均衡の形」として決定された建築は、できてしまえば複雑な背景条件などは感じさせない、きわめて明瞭かつ単純な「自律した姿」として立ち現れた。
L字型のコンクリートの量塊は、進水式を待つ巨大な船舶のようでもあり、「瀬戸内海という大空間」のアウトラインを規定しているようでもある。いずれ建築家の意図は消え去り、さまざまに見立てられ語られる新たな「瀬戸内のランドスケープ」として、地域に引き継がれていくことになるのだろう。
それこそが私たちの意図であり、希望でもある。


「新建築」 2013年8月/新建築社

×close

data:
主要用途:社宅
敷地面積:1934.84m2
建築面積:1098.38m2
延床面積:3095.74m2
階数:地上8階
構造:RC造
設計期間:2010年10月~2011年8月
工事期間:2011年10月~2013年3月

principal use:company house
site area:1934.84m2
building area:1098.38m2
total floor area:3095.74m2
number of stories:8 stories
structure:reinforced concrete
design:2010.10 - 2011.8
construction:2011.10 - 2013.3

photo credit:
Ken'ichi Suzuki / 鈴木 研一

>>Article

Mother's House / 母の家


動詞の建築
「建築」は「動詞」だと考えているところがある。
もちろん通常通り、それは「建築」という概念を指す「名詞」でもあるのだけれど、それだけでは「建て」「築く」という動詞性、つまり建築が本来もっている「行為」としての意味合いが抜け落ちてしまうようで、違和感があるのだ。
それは、デザインにおいても同じことで、「建て築かれた」構築物としての建築の現れや、それに伴う初源的な情動を、そのまま居住環境に残しておきたいと願っているので、組み上げられた構造体を仕上げの裏側に隠蔽してしまう「大壁」よりも、「建て築かれた」という事実がそのまま空間に現れ出る「真壁」とすることが多くなってしまう。そうすることで「建築」本来の「動詞性」を保持しようとしているのである。
この「母の家」もまた、「動詞の建築」である。6m×6mの正方形平面を、4組の唐松集成材による上り梁を面外方向の力に対して高率よく抵抗する「ラメラ状」に組み上げることで、無柱空間として成立させているが、それら主たる柱も梁も、真壁的にそのまま空間に現され、その構築的な「成り立ち」を率直に表明している。
また、ラメラ架構はその幾何学の性質状、方形屋根のように一点に収束せず、屋根頂部にはトップライトが生みだされ、ランプシェード状の天井形状(=架構形状)によって一日中穏やかな採光を確保すると共に、その煙突効果によって稠密住宅地においても快適で充分な自然換気を可能にしている。一方では、空間の「流動/滞留」の配分をも、この中心点に収束しない軸組が塩梅よく決定し、小さいながらもシークエンシャルかつ落ち着いた居住環境を実現させることにもなった。
今回は初めて、工務店を介さずに、直接大工の棟梁に発注する契約形態を取ったため、我々は半ば現場監督のような立場で、直に各職人と接し、深く関わることになった。このこともまた「建て築く」という建築の動詞性が、建築の結果に反映される良い契機になったようだ。いやむしろ、建築に「結果」など無かったのかもしれない。「建築を組み上げる」というダイナミズムは、隠蔽されることなく建築に表明されることで、自然に「生活」のダイナミズムを呼び込み、継ぎ目無く「行為」は連続してしまったからだ。その意味で「動詞の建築」には「完成」が無い。それは連綿と繋がっていく行為の連続体であり、「終わらない建築」なのである。


「住宅特集」2013年9月/新建築社


母の家
気がつけば「真壁」の建築ばかり設計している。構造を背後に隠した「大壁」の方が抽象的な空間を「表現」するには適しているのだろうけれど、なんだかそれでは建築の半分しか扱っていないようで、落ちつかない。
建築は「空間」であるのと同時に、構築された「存在」でもある。僕がデザインの対象として意識しているのは、よく「構成」された「空間」と、よく「構築」された「存在」の周囲に広がる「場所」の重なった状態、つまり統合的な「環境」なのだろう。
その意味で、「空間」を操作し、かつ、構造体という強い存在が現れ出る事で「場所」をも扱うことのできる「真壁」の手法は都合がよく、しばしば用いる訳である。
この原田麻魚の母の家もまた、「真壁」による建築である。120×550mmという大断面集成材からなる柱−梁4対をラメラ状に組み上げる事で、6m角の正方形平面を無柱で成立させている(それらの構造体は全て仕上げの表面から空間に凸上に「現れて」いる)。通常の方形屋根のように中心へと収束しない幾何学の性質上、中心部には通風と採光のためのトップライトが生まれ、また、構造に合わせて平面的にも少しずれた対角線が空間構成上の偏りを生み出し、居住に必要な「滞留」と「流動」の性格が環境に付与される事にもなっている。
存在の構築と空間の構成が、「真壁」という手法によって同時に解決される事で、単なるオブジェクトではなく、また、単なる「家」という記号でもない、字面通りの意味での「実家」となったように思っている。


「住宅特集」2013年9月/新建築社

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:74.30m2
建築面積:36.00m2
延床面積:72.00m2
階数:地上2階
構造:木造
設計期間:2011年3月~2012年4月
工事期間:2012年5月~2013年1月

principal use:private residence
site area:74.30m2
building area:36.00m2
total floor area:72.00m2
number of stories:2 stories
structure:wood frame
design:2011.3 - 2012.4
construction:2012.5 - 2013.1

photo credit:
Ken'ichi Suzuki / 鈴木 研一

>>Article

Shore House / 海辺の家


開いた秩序がもたらす空間の流動性と滞留性
真鶴半島の付け根近く、南へ向かって下っていく丘陵地が、いったん勾配を緩める肩のような地形上に敷地はある。周囲を取りかこむ広葉樹を中心とした雑木林の向こうには、太平洋がおおきく静かに広がっている。ここに家族とその友人達が週末を過ごすゲストハウスを、というのが施主の希望だった。
その豊かな自然環境の中での建築に際して、都市型の生真面目で自己完結的な秩序の導入は相応しくないように思えた。参考になったのは施主の趣味だというビーチコーミングの考え方である。浜辺に打ち上げられた様々な素材を、それらの性質や声を良く聞き取ることで、材がなりたい形に整えるように立体を組み上げていく。この時、秩序は絶対的な支配者というよりも、材や環境との関係によって次々に変容する動的でしなやかな存在である。求めるのはそのような「開かれた秩序」のあり方である。
具体的には、@900mmで連なる38mm厚のLVLの柱-梁架構群を、太鼓に落とされた天然木の桁-柱架構で受けることで成立する「L字型の壁-屋根」の単位をつくる。これを大・中・小、3つのスケールで用意して、それぞれが内外に高さの異なるテラスや不整形なコーナーを各所に生み出すように、半ば互いに乗り合った関係を保って配置した。その位置・角度は、厳格な幾何学で概念的に決定するというよりは、自然地形のコンタラインや海への視線、既存樹木やその枝振りといった周囲の自然環境や、材の量感や肌理・密度といった物質の声、また空間の流動性と滞留性の配分といった様々な具体的な尺度から、それらが互いに調和した関係になるように調整的に定められている。
でき上がった住環境には、厳格な秩序が一意に支配する怜悧な硬質さこそないが、そこにある全ての要素が、一連の「対話関係」の中にあるような、緊密な「調和」が生まれている。この対話関係は、建築に用いられた秩序自体が環境に由来した開かれた性格をもっているため、海・森・地形といった周囲の自然までをもとり込んで、境界なく広がっていく。この、世界と一繋がりの「おおらかな調和」の中に身を置く経験こそが、我々のデザインの目的であったようだ。


「住宅特集」2013年5月/新建築社

×close

data:
主要用途:週末住居
敷地面積:998.56m2
建築面積:243.84m2
延床面積:298.15m2
階数:地上2階
構造:木造
設計期間:2010年11月~2011年12月
工事期間:2012年1月~2012年12月

principal use:weekend house
site area:998.56m2
building area:243.84m2
total floor area:298.15m2
number of stories:2 stories
structure:wood frame
design:2010.11 - 2011.12
construction:2012.1 - 2012.12

photo credit:
Ken'ichi Suzuki / 鈴木 研一

>>Article

Stand Up, Pen! / 立ち上がれペン


福島県の会津地方に古くから伝わる縁起物・郷土玩具である「起き上がり小法師」と「赤べこ」。
これらは、木材や粘土で作られた型に紙を貼付けて成形していく「張子」の造形技法によって作られています。
紙でできているので非常に軽く、中に重りを仕込むことによって独特の動きが生み出されます。
何度転んでも立ち上がる「起き上がり小法師」と、頭を上下左右に揺らす愛嬌のある「赤べこ」は、
その動きに因んで、「七転八起」や「無病息災」のシンボルとされています。

2つの縁起物・郷土玩具からヒントを得て、これからの日本を応援するボールペンを作ります。
スックと自立するため省スペースで、ユラユラと揺れて机の上で楽しい風景を演出してくれます。
また、一早く揺れを知らせる地震計としても機能するでしょう。

このように縁起が良く賢いペンですので、日本のお土産として喜ばれるのではないでしょうか。

×close

data:
主要用途:ボールペン
寸法:H140xW30
設計期間:2011年11月~2012年1月
デザイン監修:MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
企画販売:EJP
製作:株式会社デコ屋敷大黒屋

principal use:ballpoint pen
size:H140xW30
design:2011.11 - 2012.1
design and supervision:MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
produce, sell:EJP
construct:Dekoyashiki Daikokuya

photo credit:
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

KIRIHAKO / キリハコ


会津の桐と桐箪笥。国内で最も高いその品質によって有名な「会津桐」と、これを使って伝来の精緻な職人技で制作される「会津桐箪笥」は、たとえば嫁入り道具の代表であるように、最高の祝いの気持ちを表す「めでたい贈り物」として、この国では長らく親しまれてきました。
優れた吸湿性や軽量さに加えて、古くなってもカンナを当てれば再び白い木肌を取り戻すという桐材の性質は、「一生モノ」である嫁入り道具に最適だったのでしょう。しかし、核家族化による住宅の小規模化や頻繁な転居、人々の着物離れなど、生活様式の変化に伴って、その需要は減少しつつありました。そこに3.11東日本大震災です。このままでは、この優れた技術と文化が失われてしまうかもしれません。
私たちが提案するのは、一般的な衣装函サイズのユニット「キリハコ」からなる、可変性のある新しい桐ダンスです。吸湿性や軽量さなど優れた桐の特質はそのままに、現在の衣服に適したモデュールと、引っ越しや独立などによる家族や生活の変化に容易に適応できるユニットシステムを採用することで、「これからの一生モノ」となりうる新・会津桐ダンス「キリハコ」を実現しました。
「大切につくられたもの」を「大切に使い続けること」の幸せさや豊かさを、生涯使い続けられることを前提としてつくられてきた「会津桐ダンス」の伝統は有しています。
そこには「時間を超えていく普遍性」があるかのようです。
私たちが歴史ある「会津桐ダンス」を新しくデザインすることで、学びとり、明らかにしたかったことは、その哲学なのかもしれません。

×close

data:
主要用途:タンス
寸法:
A type:W450xD600xH240
B type:W450xD600xH120
設計期間:2011年11月~2011年12月
デザイン監修:MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
企画販売:EJP
製作:福島県大沼郡 会津桐タンス株式会社

principal use:drawer
size:
A type:W450xD600xH240
B type:W450xD600xH120
design:2011.11 - 2011.12
design and supervision:MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
produce, sell:EJP
construct:Aizukiritansu Corporation.

photo credit:
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

the 3rd Burger


世界中にありながら、それぞれ全て豊かに異なっている「土」。
生命にとって最も根源的な素材である「土」がもつ、グローバルでありながら、同時にローカルそのものである存在は、3rd burgerの哲学と共鳴する。
この「実り」をもたらす「土の存在」をデザインコンセプトの中心に据えて、店舗デザインは進められた。

×close

data:
主要用途:飲食店舗
敷地面積:-
建築面積:-
延床面積:174.76m2
階数:地上1階
構造:-
設計期間:2012年9月~2012年11月
工事期間:2012年11月~2012年12月

principal use:restaurant
site area:-
building area:-
total floor area:174.76m2
number of stories:1 story
structure:-
design:2012.9 - 2012.11
construction:2012.11 - 2012.12

photo credit:
Nacasa & Partners / ナカサ&パートナーズ
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

Geo Metria


土地の構造
箱根の山々と小田原の平野部の交わる辺り、その山側に敷地はある。
以前は果樹が植えられていた明るい里山中腹の緩く傾斜する土地で、南側の遠方には相模湾を望み見晴らしがよいが、北風からは、背後の山が敷地を抱くようにして、これを遮ってくれている。周囲に茂る落葉性の広葉樹林は、夏には涼しい葉影を作り、冬には自ら葉を落として少ない日光を地面にまで届け、山の水気を含んだ土を暖めている。そんな、人の居住に適した環境特性が、しずかに見つけられるのを待っているような敷地だった。
ここで建築家がやるべきことは、「家」を成立させる為に、「土地」に由来しない原理を新たに持ち込むのではなく、既に「土地」が持っている潜在的な「居住のポテンシャル」を引き出し、人の「住処」として十分な程度に、これを整理し増幅することであると考えた。つまり、そこにある「土地」が、全てを秩序づけているような状態として、建築を構成することを目指したのである。 そこで我々は、フレームを立て、屋根を架ける、という建築の最も根源的な要素にまでデザイン上の操作を還元し、これらの決定を「土地に委ねる」ことにした。
具体的には2組の全長12m程の門型フレームセットが用意され、これを緩くカーブする土地形状が要求する通りに、若干の角度を保って重ねて配置することで、中間スパンにトラスを持つ架構体が形成された。フレームはLVL-38×286mmでできているが、弱軸方向への水平力は天井面に形成されるトラス剛面で背後のコアにまで効率よく伝達されるため、その極薄のプロポーションで成立している(中間の梁の交点は6.3mという大スパンでの梁たわみを抑制してもいる)。また、このフィン状の柱は間に棚板を挟むことで半透過の仕切りとして空間を穏やかに分節してもいる。
更に、各梁はこの土地に降る雨量を壁面外へと捌くに十分な勾配を持った屋根を受ける為、それぞれ南から北へ順に下っていくので、高さ方向の変化がおこり、地形がもたらす平面的な角度と併せて、複合的な住行為が必要とする「偏り」が空間に付与されることになった。
以上のように、地形と雨量という土地の特性が、この建築に特別な「ジオメトリ」を与え、これが構造・空間を同時に決定し、また調和さしめている。
その語源通り、土地(=geo)を、詳しく測る(=metria)ことで、建築の秩序(=geometry)が定められる場合、当然ながら、これによって生み出される建築は、明晰な秩序を持ちながらも、同時に土地との連続性を保持することになる。
「土地をよく観察し、そこに潜在するジオメトリを見出すこと」
これが我々が行なったデザイン行為の本質であり、ほとんど全てと言っていい。


「住宅特集」2012年4月/新建築社

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:429.40m2
建築面積:123.95m2
延床面積:155.66m2
階数:地上1階 地下1階
構造:木造 (一部RC造)
設計期間:2010年1月~2011年3月
工事期間:2011年4月~2011年12月

principal use:private residence
site area:429.40m2
building area:123.95m2
total floor area:155.66m2
number of stories:1 story + 1 basement
structure:wood frame, partly reinforced concrete
design:2010.1 - 2011.3
construction:2011.4 - 2011.12

photo credit:
Ken'ichi Suzuki / 鈴木 研一

>>Article

YOTSUBAKO


「商業」を「都市空間」へと転舵する
計画地のセンター北駅周辺エリアは、若いファミリー層の人口が増え続ける新興郊外都市の中心地である。その伸びゆく購買力を狙った複数の巨大商業施設が点在することで、郊外特有の都市景観が形成されているが、これら多くの誘引施設の存在に加え、積極的な都市計画がなされ若く活力のある人々が多く住まっているにも関わらず、なぜか現実の都市/都市空間として十分に魅力的、とは言い難い状況だった。
これは、意欲的な都市計画によって複数の広場や歩行空間が用意されているのに、都市を形成する多くの大規模商業施設が内に閉じ、これらのパブリックスペースと積極的に関わろうとしていない事に要因がある。客を施設内に囲いこみ消費行為を内部で完結させてしまう戦略は全国的に定石化しているが、多くの郊外都市でも見られるように、それでは都市空間がすたれてしまう。対照的に国内外の長い歴史を経た都市に数多く存在してきた商店群は都市空間に対して開き、関わりを強める事で商いを成り立たせてきた。商業が都市空間の魅力形成に寄与し、都市空間が魅力的になることで商業もまた繁盛するという正の「循環」がそこでは保たれている。
我々が設計対象として意識したのは、この「循環」であり、また「都市空間」そのものである。
そこで用意したのは「4つのハコを互い違いに積み重ね、これを透明なガラススキンでラフに覆う」という、単純な「構成」である。この「構成」によって従来の「外/内」という対立の図式が「ハコ外・外部」/「ハコ外・内部」/「ハコ内・外部」/「ハコ内・内部」という内外が入り交じった関係へと細分化され、都市と建築が滑らかに連続する事になった。たとえば、異なるレベルにある2つの既存パブリックスペースの「シンボル広場」や「噴水広場」は、ハコ下の軒先的な中間領域によって商業空間と密接に関係づけられ、テナントで買ったパイを広場の段差に腰掛けて食べているカップルがいたり、それを眺めながらカフェで寛ぐといったような相互関係が数多く生み出され、それぞれの活用の度合いは相乗的に高められている。また、そういった2つのグランドレベルの賑わいは全層を吹き抜けるアトリウムを介して上層階にまで伝えられ、ガラススキンによって外部に開かれた景観や、都市を見下ろすハコ上のテラスの効果等と合わせて、上層階においても都市と商業空間は強く関係づけられている。更に3階レベルでは隣接する駅と背後の大規模商業施設をつなぐ「公共歩廊」を取り込むことで、都市との一体性はより強められた。
これからの商業建築は内部のみを充実する事以上に、都市空間をいかに持続的に魅力あるものとして計画し、取り込めるかに、その成功が掛かっている。いやむしろ、「時間的な連続体」である「都市空間」の「部分」として、それぞれの建築を捉え直す必要があるのだろう。
そのためには従来のような「表層」の操作だけでは不足である。今回は「表層」を越え出て、都市を含んだ「構成」にまで踏み込む事ができたが、更にはその先の適切な「構築」にまで到る事で、より永続的な都市の価値へと近づく事ができるだろう。今回はそこへ向かう、第1歩だと考えている。


「新建築」 2012年6月/新建築社

×close

data:
主要用途:商業施設
敷地面積:1335m2
建築面積:1145.8m2
延床面積:7187.1m2
階数:地下1階 地上8階 構造:鉄骨造(一部SRC造)
設計期間:2008年1月~2009年11月
工事期間:2010年2月~2011年11月
業務:基本構想・基本設計・実施設計

principal use:tenant building
site area:1335m2
building area:1145.8m2
total floor area:7187.1m2
number of stories:8 stories + 1 basement
structure:steel frame,partly steel reinforced concrete
design:2008.1 - 2009.11
construction:2010.2 - 2011.11
scope of works:
schematic architectural design,
developed design proposal,
construction documents

photo credit:
Ken'ichi Suzuki / 鈴木 研一

>>Article

VALLEY


新しい地形
途中2度程クランクした、南北に50m、幅4~5m程の細長い敷地。県庁所在地でもある地方都市の中心部に位置していて、周囲は高容積な防火地域であることから、中高層の鉄筋コンクリート造の建築物がひしめき合っている。背の高いマンションに挟まれた敷地はまるで深山の谷筋のようであった。僕たちが試みたのは既存都市をランドスケープとして認め、その地勢的特性を建築によって強め、実現する環境への「質的効果」へと転換することであった。

採用したデザイン上の操作は単純である。高・中・低と異なる高さを持つ3筋のタフな鉄筋コンクリート造の壁体を、敷地の谷あいとしての属性を強め、なおかつ永続的に居住に適した地形となるように、変形した地型(チガタ)に沿って、互いに貫入しあうように配置した。騒音や視線から暮らしの領域を守り、上空からの限られた光を大きく受けとる「新しい地形」としての半永続的な構造物である。
この操作によって生まれた3つの南北に長い空隙は、内面を白左官で仕上げ区画されることで空間化され、真中の空間を薄く水を張った光庭、その両側の空間を居室とした。しかし、構成上、これらの空間は完結せず、その端部において「ほつれ」ている。この「ほつれ」によって、3つの実空間に跨がるようにこれらをリエゾンする2つの虚空間が発生し、この知覚上の広がりが敷地の特性上生まれてしまう実空間の幅の狭さを解決している。また、境界を跨ぎながら重複しあう空間は谷筋を分け入るような、シークエンスの多様な展開を実現することになった。
さらに空間端部の「ほつれ」は、仕上げの裏側のコンクリートの量塊という強い「物性」を「空間」に介入させる。この「物性」を中心としてコンタ状に広がる「場所」が「空間」にオーバーレイすることになり、ニュートラルな空間だけでは生まれない機能を誘導する環境の「偏り」や、居住者の安心や愛着といった心理的な定位をもたらすことになるだろう。「ほつれ」は敷地や建築の内/外境界に適度な撹拌を起こし、空気や気配の交換を発生させてもいる。都市に対して自閉症的に内に閉じないおおらかな建築のあり方もまたこの「ほつれ」によるものだ。

竣工から一月程経って、撮影のために朝からお邪魔していたら、中庭の水面に野鳥が水浴びに来ていた。
鳥から見れば、人工物である建築も、その辺の岩山や谷川と変わりないのだろう。ただ、そこが良い場所かどうか、ということが重要なのだ。それは、同じく生き物である人にとっても同様に大切なことである。本質を人間の認識に置く「空間」は文化の変遷によってその意味を変えてしまうかもしれないが、良き「場所」は生命体である我々の身体が変わらない限り、時間をこえていく普遍性を持っている。僕たちが実現したかったのは空間であるのと同時に、そのような「生活をアフォードする場所」としての、「新しい都市の地形」なのだと、このとき気がついた。


「住宅特集」 2011年9月/新建築社

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:366.01m2
建築面積:183.41m2
延床面積:241.02m2
階数:地上2階
構造:RC造
設計期間:2009年4月~2010年4月
工事期間:2010年5月~2011年5月

principal use:private residence
site area:366.01m2
building area:183.41m2
total floor area:241.02m2
number of stories:2 stories
structure:reinforced concrete
design:2009.4 - 2010.4
construction:2010.5 - 2011.5

photo credit:
Ryota Atarashi / 新 良太

>>Article

Sagacho Archives /佐賀町アーカイブス


トムの空間/ジェリーの居場所
施主である小池一子氏が「佐賀町エキジビットスペース」(2002年閉館)の活動の中で蓄積してきたアート作品を収蔵・再展示するためのスペースの計画.研究室で計画および施工を行い,MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIOが監修を行った。今回のようなリノベーション作業の中で,壁や天井等を調べ,あるいは撤去したりしていると,私たちが日常どれだけ「仕上げ」に囲まれた生活をしているかに気付く。
「仕上げ」は単なるモノの「空隙」を,そこに室名を与え慣例に沿ったそれらしい見え方に整えることで用途を持った「空間」へと転換する。慣習的な日常を指示し保証する「記号」としての役割を「仕上げ」は持っているのだ。しかし,通常は仕上げの裏側に隠されている構造体や下地のむき出しの素材などからなる記号の介在しない世界には,ラフではあっても正直で透明な空気がある。そこには前もって記号によって規定された慣習的な安定がない代わりに,自ら意味を見つけ出し主体的に解釈する自由がある。古いアニメ「トムとジェリー」に出てくるネズミのジェリーはそんな仕上げの裏側の世界を住処としているが,仕上げに囲まれて暮らしている飼い猫のトムに比べて,なんとイキイキとして,機智に富んでいることだろうか。実はトムはジェリーを羨んでいるが,それは社会がアートを必要とする感情と同質だろう。
アートには意味機構であるヒト社会に,意味の外部世界からの生命力を接続し駆動力を与えるという役割があるが,われわれはそんなアートのあり方をサポートする環境の実現を目指した。つまり,トムの空間とジェリーの居場所の同時での実現である。具体的な操作はきわめて単純だ。通常は数センチしかない躯体と仕上げの空隙を数メートルにまで拡大することで,ジェリーの展示室(室A)を生み出す。そこは仕上げの裏側の世界なので,既存の仕上げすべて丁寧に除去されている。同時に,廊下から連続する壁面を凹ませることで,主には収蔵庫であり時にはホワイトボックスの展示室としても使われる室Bをつくり出す。廊下側から見れば,ガラスで仕切られて入る事のできない、仕上げられた「廊下の凹み」である。
ふたつの異なる性質を持つ室「トムの空間」と「ジェリーの居場所」は「大扉」によって,隔てられ,また繋げられている。それはアートが意味の外部世界と記号的なヒト社会の隔たりを行き来しつつ接続するのと同様に,である。
常に新たなアートが産出され続けてきた「佐賀町」にふさわしい環境が実現されたのではないかと感じている。


「新建築」 2011年2月/新建築社

×close

data:
主要用途:ギャラリー
延床面積:37.08m2
構造:木造
設計期間 2010年5月~2010年6月
工事期間 2010年6月~2010年8月
監修:MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
設計施工:MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO +
芝浦工業大学 原田真宏研究室

principal use:gallery
total floor area:37.08m2
structure:wood
design:2010.5 - 2010.6
construction:2010.6 - 2010.8
supervision:MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
design and construction:MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO +
Harada Masahiro Studio / Shibaura Institute of Technology

photo credit:
Ryota Atarashi / 新 良太

>>Article

near house


“小ささ”を“近さ”と読み替える
都内でも比較的細かな地割りの続く密集度の高い住宅地。それを更にもう一段分割して分譲された敷地は、当然、それなりの“小ささ”である。旗竿型という、整形ではないこのタイプの地型では、面積に比べて周長が長くなるため、隣家や隣地の植栽などが間近に迫ってくる事になるが、地域固有のスケールの小さな肌理からか、圧迫感というよりは、こまごまとしたモノ達が寄り添い合っているような、程よい親密さを感じさせる近接性とも受け取れた。
“小さい”と言ってしまえばそれまでだが、“近い”と言うと、それは建築的な恵みに変わる可能性が生まれてくる。この“小ささ”を“近さ”へと読み替えることで生まれる価値を求め計画を行った。
施主夫婦の職業上、また建蔽率の消化を目的として、建築は2つの小さなボリュームへと分割され、間に中庭を挟みこむ構成をとっている*1。ボリューム間の距離が“近い”ため、庭は完全な外部というよりも、2つの室内空間をつなげる半ば内部のような延長された空間として意識される。
また、それぞれのボリュームは、厚さ30mmの唐松の集成材からなる柱-梁架構を@450mmの近接した間隔で並べることで形成されているが、この架構間の距離の“近さ”が建築全体の“間合い”を規定している。これは建築というよりは家具やプロダクトに近い間合い*2である。使用される材も、そのような近い間合いで人と対峙することから仕上げの具合は決定され、唐松集成材も針葉樹MDFもモルタルも、ほぼ同程度のピーチスキン状の微細な肌理へと調整され、このスケール故に可能になるプロダクトレベルの精度によって施工された。通常の建築では意識できない程の解像度の高い世界が、建築に空間の広がりとは異なる次元の“奥行き”を与えることになった。
“小ささ”を“近さ”と読み替え、これを突き詰めることで、住宅は建築の領域を越え出てプロダクツの世界へと繋がってしまった。そういう意味では「住宅に“近い”なにものか」としてnear houseは存在し初めているのかもしれない。

(*1.建築可能な敷地部分は“旗竿”の“旗”部分と、パーキングとするために多少巾が広くとられた“竿のグリップ”にあたる部分だけであった)
(*2.例えば一般的なカラーボックスは巾450mmで材厚は15mmである。Near Houseはこれを並べたものに等しい)


「小さな建築」と「大きなプロダクト」の間
柱-梁架構を@450mmという細やかなピッチで反復しているため、主要構造材である唐松の集成材は厚さ30mmと、木製家具程度のスケールにおさまっている。よって各部材は非常に軽く、ハンドリングにクレーン等の重機を必要としないため、主要構造体でありながらもそれらは「手の精度」によって扱われる事が可能になる。それより軽い他の部位は、当然手作業で製作されるので、建築全体がプロダクトの精度で実現され得ることになる。
唐松集成材は全数検査を行いその強度を確認しているが、これは木造建築でありながらもすべての部位を計算によって把握し、ムダや不合理がない状態として適切に設定するためである。ジョイント部も、同じ目的から、発現強度の保証された金属ダボと樹脂の組み合わせによる接合金物(ホームコネクタ)を用い、建築全体を明瞭な理解の元に置くことを意図している。各部は建築の慣習的なボキャブラリーに依らず、単純に機能的・合理的な美学に沿って決定されたのであるが、その結果、その小さなスケールと併せて、建築はよりプロダクトに近づくことになった。
「小さな建築」と「大きなプロダクト」の中間に位置する住宅である。


「住宅特集」 2010年7月/新建築社

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:66.42m2
建築面積:37.65m2
延床面積:75.30m2
階数:地上2階
構造:木造
設計期間 2008年9月~2009年4月
工事期間 2009年7月~2010年2月

principal use:private residence
site area:66.42m2
building area:37.65m2
total floor area:75.30m2
number of stories:2 stories
structure:wood frame
design:2008.9 - 2009.4
construction:2009.7 - 2010.2

photo credit:
Shigeo Ogawa / 小川 重雄

>>Article

in flakes


冬には雪ひら、春には桜の花弁、夏には木漏れ日、秋には木の葉。

いつも何かが、舞い散っている十和田の透明な空気の中に、

同じく舞い散りながら、しかしその一瞬を固定するように、

ステンレス製の折れ板/ベンチをパラパラと設える。

折れ板の表面は鏡面にまで磨き込まれているので、空気中を舞い散る様々な切片が映しこまれ、

例えば春には桜の中を浮遊するような特別な経験がうまれる事でしょう。

in flakes:固定されることのない世界を愛しむベンチ群。

×close

data:
主要用途:ストリートファニチャー
作品サイズ:1350 × 330 × 45cm
所蔵:Arts Towada
設計期間 2008年9月~2009年10月
工事期間 2009年10月~2010年3月

principal use:street furniture
dimensions:1350 × 330 × 45cm
own:Arts Towada
design:2008.9 - 2009.10
manufacture:2009.10 - 2010.3

photo credit:
Sadao Hotta / 堀田 貞雄
Kuniya Oyamada / 小山田 邦哉

>>Article

PLUS


白の質量
南方に太平洋を見下ろす伊豆山の中腹に敷地はある。
西側と北側をナラや山桜等の落葉広葉樹からなる天然林に囲まれ、豊かな自然環境に恵まれているが、ほとんど地山の地形そのままで、建築に十分な平場は見当たらない。
ただ、敷地内を南北に縦断する尾根線から少し東に降りた肩状の部分に、仄かに建築の兆しが認められた。
用途は週末住居。
通常のように建築に合わせて複雑な自然地形を造成し単純化する手法も、逆に地形に合わせて建築の方を複雑にする手法もここでは採っていない。
複雑で多様な自然はそのままに、しかも建築は単純且つ純粋に自律した状態を求めた。
どんな自然にも潜在している純粋形式の顕在化、言い換えれば「自然の抽象」ということである。
具体的には建築は厳密な直角を保って重ねられた「2本の白大理石製の直方体」として実現した。
個室群と浴室を内包する下側の直方体は、敷地に当初から存在していたわずかな平場にその半身をはみ出すように設置され、サロンと厨房をもつ上側の直方体はその上と尾根地形に跨がるように置かれている。
偏芯した「十」字形が自然地形にそっと留められている、と言えば正確だろうか。
十字は一方の軸を南の太平洋へ、他方は西のナラに少し白樺の混じる森林へと向けていて、下段の直方体内の空間とその上面であるテラスは海と広大な空へと開かれ、上段の空間は自然林の奥へと静かに分け入っていく。
重なり合う十字の形式は、東側の車道やリゾートマンションを視界から遮り、また下側の直方体のプライベートな性格の空間と上側の直方体のパブリックな性格の空間を干渉させずに分け隔てている。
また、起伏のある地形上に平滑な立体が置かれているので設地面は極めて狭く、その結果、基礎と地形の改変ボリュームを最小化している点も、この形式のもつ特徴によるものである。
以上のように、自然環境から見出された「十」字形という「形式」は多くの「解決」を計画に与えてくれたが、同時に「解決」に留まらない新しい環境の質を生み出したのは、「形式」ではないもう一方の建築要素である「質量」によるものである。
通常建築で使われる「白」は「質量」を拒絶し、純粋に「形式」の意味を表現する為に用いられてきたが、ここでは厚みと研磨による肌理と反射が厳密にコントロールされた白大理石として、むしろ「質量」の存在を積極的に表明している。
それは、質量の加算された白、である。
既存の多様な質の連なりである自然環境の中に 質量の加算された白 が新たな質として加わることで、形式の操作だけでは実現し得ない、実環境の質のゲシュタルト変容が行われたのであり、それこそが今回デザインの対象として意識されたものである。
形式の操作に留まらない建築の領域が我々の関心の対象となってきている。


「住宅特集」 2009年12月/新建築社

×close

data:
主要用途:週末住居
敷地面積:988.58m2
建築面積:232.77m2
延床面積:279.92m2
階数:地下1階 地上2階
構造:RC造
設計期間 2007年5月~2008年4月
工事期間 2008年5月~2009年7月

principal use:weekend house
site area:988.58m2
building area:232.77m2
total floor area:279.92m2
number of stories:2 stories + 1 basement
structure:reinforced concrete structure
design:2007.5 - 2008.4
construction:2008.5 - 2009.7

photo credit:
Ken'ichi Suzuki / 鈴木 研一

>>Article

Plana・mesa


ミンクのような短毛種の動物を思わせる、特別に研磨された900×900の無垢なアルミプレート。これにカツデンアーキテックの保有する高精度な加工機を使って4本の切り込みを入れ、その後曲げる。このように最小限の操作によって成立するこのテーブルは、逆に最大限、資源とエネルギーを効率良く使用していることになります。
素材の風合いとそれを活かす極めてシンプルな形態には、このような環境意識を 背景とした倫理性のラインが通っています。まるで玩具のような消費系デザインではなく、反対に無意味に高価な様式主義デザインでもないところ。
リラックスしながらも自己抑制のきいた「これからの大人」のための、新しく優美なデザインの在り方を求めました。

×close

data:
主要用途:テーブル
材料:アルミニウム
製作販売:KATZDEN ARCHITEC
設計期間:2008年2月~2009年3月

principal use:table
material:Aluminium
produce, sale:KATZDEN ARCHITEC

design:2008.2 - 2009.3

photo credit:
Kenshu Shintsubo / 新津保 健秀

>>Article

Tree House


都内北部の穏やかな丘陵地上の住宅地内に計画された、夫婦二人の為の住居。
丘の頂部近くの旗竿型の敷地で、地盤は竿から旗へと緩く上っていく。周囲を隣家に囲い込まれ、旗竿地特有の薄暗さや圧迫感もあったが、それよりも少し街から奥まった外部に晒されていない深部といった場の性格が意識された。この様な情況では、余地の少ない水平方向へ向かうより、地勢的にも垂直方向への展開が相応しい。それは森の深部で、他の木々に囲まれた樹木がとる指向性と同様の理由による。
通常の建築で用いられる「直交座標系」の幾何学は一定方向への反復展開性に優れているが、前述のようにここではその必要はない。むしろ、周辺との微妙で緊密なバランスを拾うことのできる幾何学の方が望ましく、中心とそこからの距離と角度によって位置を記述する「極座標系」を、建築を規定する幾何学として用いる事にした(例えば、2次元のボロノイ分割図を思い浮かべてもらいたい)。
具体的には、51mm厚のLVLからなる門型の「柱ー梁」構造を、11.25°(360°/32flame)の角度を保って回転複製することで建築は構成される。各フレームは各々隣よりも55mm程高いので、一周すると1.7mの高低差が生まれることになる。これは滑らかなHP曲面の屋上テラスへの出入口になるのと同時に、東側に一部だけ開かれた空と、隣家の緑を借景として取り込むハイサイドライトとなっている。
また、極座標の中心には32本のLVL柱が集中し、直径約1.1mの大きな大黒柱が形成される。伝統的な田の字型平面の民家と同様に室内はこの大黒柱で4つに分節されるが、極座標に基づいているので分節は90°に限られない。また、中心を平面的に偏芯した位置に設定する事で外周線からの距離に差が生じ、回転角度は一定なので、中心からより離れた外側の柱は間隔が大きく、近い柱はより密になり、螺旋状に上昇する架構によって生じる天井高の変化に加えて、室内に性格が与えられる。例えば、より柱間が小さく天井の低い親密な暗がりは眠る場所に、より大きな柱間で大開口も取れる明るく天井も高い領域は食事の場に相応しい、といった具合に。床高もまた、大黒柱による分節に沿ってスキップしているが、これは敷地の元の地形によっている。
完成した住居は厳密な幾何学による建築ではあるが、どこか人工物とは言いきれない風情を持つことになった。大黒柱に背をつけてその足元に座り、上を仰ぐと放射状に伸びる梁が枝を広げた大きな樹木のように思えてくる。
樹幹の様な大黒柱の周囲には、安心して暮らしていく「住む場所」が広がっている。「住宅」と名付けられた透明な「空間」とは、なにか異なる質がここにはある。
「空間」の中心には社会的な「意味」があるが、「場所」の中心には「存在」がある、という事なのだろう。


「GA houses 114」 2010年1月/A.D.A.EDITA Tokyo

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:162.69m2
建築面積:78.76m2
延床面積:80.45m2
階数:地上2階
構造:木造
設計期間 2008年7月~2009年3月
工事期間 2009年4月~2009年10月

principal use:private residence
site area:162.69m2
building area:78.76m2
total floor area:80.45m2
number of stories:2 stories
structure:wood
design:2008.7 - 2009.3
construction:2009.4 - 2009.10

photo credit:
Ken'ichi Suzuki / 鈴木 研一
Ryota Atarashi / 新 良太

>>Article

Rainy/Sunny / 雨晴れの住処


気候の中の建築
敷地は、温暖湿潤気候帯から熱帯雨林気候帯へと、近い将来、移ろうとしている関東平野中央やや西寄り、東京都内の低層高密な住宅地内にある。
求めたのは「住宅」というよりも「居住」を誘発する永続的な「地形」。
そして、この地形を予定調和に陥らないよう発見的に「住居」へと整えていく、そのような意識で計画を行った。
高い居住のポテンシャルを有した地形を求める、と言うからには、建築は抽象的な形態論に留まらない。
地形とは岩石や土壌という具体的な物質が、地域毎に異なる気象の中で長い年月の間応答してきた結果であるからである。
素材と気象の最適な応答関係を見出し建築化する。
これは現代建築の文脈が無視してきた気象や素材、経年変化の諸問題をデザインファクタへと再び取り込み、建築的恵みへと転換しようとする試みでもある。

「永続的に存在する地形」を実現する構造・素材の探求から始まった。
実際の地形のように構造と仕上げが一致する既存技術としては「RC打放」があるが「永続性」という点では問題がある。
雨水による壁表面からのアルカリ分の融出はその寿命を極端に短くしているし、化粧合板型枠による平滑な表面は竣工時は良いが、風雨に晒されることで数年後には悲しい歳の取り方をしてしまう。
そこで新たに型枠構法を開発し、約@500mmでh=18mmの水切りを持つ彫の深いRC打放を実現する事で、アルカリ分の融出や汚垂の問題を解決した。
更に型枠は化粧合板の代わりに針葉樹合板を用い、木目を壁面に転写する事で肌理を粗く仕上げ、ジーンズのヨレのように経年変化を美的な要素へと転換した。

上記の構法で作られるRCの量塊を敷地を斜めにスラッシュするように配置する。
これによって発生する2つの外部空間は、道に面した北側をパーキングに使う「外庭」、南側を母屋と隣家に守られた風の穏やかな日だまりの「内庭」へと性格づけられる。
「内庭」はプライバシーもセキュリティーも確保されるので、建築は南側の明るい庭と「大きな空」へと開き、これを取り込む事ができる。
また立体的にも矩形からずれたジオメトリは既成の空間型に収まらず、各所に「闇」が生み出される事と合わせて、空間に奥行きと流動性をもたらしている。

内部には、大きな空の下の暮らしがある。
外部は、晴天時には外壁の凹凸が強い陰影を生み出し、雲天時には湿度をたたえて黒々とした岩山のようになる。
そして、雨の日には水滴のレースをまとう。
「空模様」が変化するのに合わせて、建築もその様相を変えていく。
気候と呼応する現代建築が生まれたのである。


「住宅特集」 2008年11月/新建築社

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:108.3m2
建築面積:53.1m2
延床面積:79.5m2
階数:地上2階
構造:RC造
設計期間 2007年1月~2007年7月
工事期間 2007年8月~2008年7月

principal use:private residence
site area:108.3m2
building area:53.1m2
total floor area:79.5m2
number of stories:2 stories
structure:reinforced concrete
design:2007.1 - 2007.7
construction:2007.8 - 2008.7

photo credit:
Ryota Atarashi / 新 良太

>>Article

ART SITE


地球を鋳型に、建築を組み上げる。
我々が行ったデザイン上の操作は端的に言うとそういうことだ。
具体的には以下のプロセスを経る。

1.メキシコの地表に穴を掘る。
2.そこに配筋を行いコンクリートを流し込む。
3.固化した後、コンクリートをクレーンアップし、他のピースと組み合わせ美術館の構造体とする。
4.残された穴はそのまま半独立の展示室となる。

earth mold concrete(地球型枠)工法とでも呼ぶべきこの施工プロセスは、通常発生する大量の型枠廃材を生み出さないため、森林資源が保全されるグリーンな工法である。
構造体の片面に付着した敷地の「土」はその痕跡であり、サイトスペシフィックな空間性を美術館に付与してもいる。
また、構造体のコンクリートのフォルムと展示室の空間のフォルムは正確に一致することになる。
つまり、建築を作り出したプロセスがそのまま美術館の構成をも決定しているのである。
contemporary artの本質とは、留まる事のない現在性の生成のプロセスである、としたならば、生成のプロセスがそのまま建築の在り様となっているこの美術館と展示されるアートの間には、ある共鳴が起こることになるだろう。
この共鳴の音質こそが我々のデザインの対象であり、最大の関心事となっている。


「デザインマイアミ/バーゼル」出展 バーゼル, スイス

×close

data:
主要用途:現代美術館
敷地面積:4746m2
建築面積:3173m2
階数:地下1階 地上1階
構造:RC造(サイトPC)

principal use:Contemporary Art Museum
site area:4746m2
building area:3173m2
number of stories:1 story + 1 basement
structure:reinforced concrete(site PC)

photo credit:
Sadao Hotta / 堀田 貞雄

>>Article

SAKURA


東京の住宅地に計画された夫婦二人のための住居兼オフィス。
都内でも有数の地価の高いエリアに敷地はあるが、他の都心部の住宅地の例に漏れず住宅が雑然と密集した状況から、その価格ほどに住環境として良質であるとは言い切れない。
ここに更にもう一つ住宅を押し込むことより、良好な住環境を生み出すことの方が、まず先決であるように感じられた。
思い出したのは、ミースとフィリップ・ジョンソンによる二つの著名な「ガラスの家」である。室内を裸で歩きたくもなるような、その自由さと開放感は、ガラスそのものの透明性にもよるが、なにより建築を取り巻く気持ちのよい周辺環境=「森」によるところが大きい。
「森」がすでに気持ちのよい住環境を形成しているのである。だから、建築はごく薄く透明な皮膜で内外の空気を切り分けるだけでいい。
居住に適した環境さえあれば、「住宅」そのものさえ必要がなくなっていくことを明快に示している。 求めたのは、この「森」の代わりとなる存在である。
具体的には、居住に適した環境を生み出すため「の」の字型にくるりと巻かれた2枚の大きな帯状の面を敷地内に設置することで、良質な住環境を発生させる事を試みたのである。
それぞれ高さ7.5mと5mの木漏れ日のように光を透過する、厚さ3mmのステンレス製のレース状の、自立する壁面である。
伊勢型紙の伝統文様である桜のパターンに沿ってパンチングされている。
このように抽象化された桜の森を分け入ると、「気持ち良く住まえる「予感」のする環境」が現れる。
ここには「住宅」という「構え」は、もはや見当たらない。ここは純粋な「住環境」であって、記号化されたいわゆる「住宅」ではないし、ましてや「住宅地」でもない。
都市の届かない 明るい深部 が、東京に生みだされたのである。


「GA Houses 99」 MAY/2007-A.D.A.EDITA Tokyo

×close

data:
主要用途:個人住宅 一部オフィス
敷地面積:131.41m2
建築面積:75.43m2
延床面積:279.58m2
階数:地下1階 地上3階
構造:RC造(一部鉄骨造)
   自立壁:ステンレスパネル造
設計期間 2005年6月~2005年12月
工事期間 2006年1月~2006年12月

principal use:private residence, office
site area:131.41m2
building area:75.43m2
total floor area:279.58m2
number of stories:3 stories + 1 basement
structure:reinforced concrete structure, partly steel frame and stainless panel
design:2005.6 - 2005.12
construction:2006.1 - 2006.12

photo credit:
Ryota Atarashi / 新 良太
kenshu Shintsubo / 新津保 建秀

>>Article

M3・KG / おおきな家


「質」の対話
目黒通りから一本奥に入った、昭和初期頃からの閑静な屋敷街の一角が敷地である。
都心部には珍しく大きな区画に邸宅が建ち並ぶ地域で、この計画もそれなりのスケールを持つことになった。「おおきな家」の設計である。
建築に関わる「大きさ」には2種類ある。
一つは「空間の大きさ(m3)」で、もう一方は「質量の大きさ(kg)」である。
「空間の大きさ」は主に「合理性」や「自由」の感覚と直結している。質量を小さくその代わりに空間を大きく取っていけば、それだけその建築が目的用途に使用できる度合いが大きくなるのだから「合理的」。「自由」の感覚は重く動かすことのできない壁や柱等の「質量」が少ない、つまり「制約」が少ないことから感じられるのだろう。特に近代以降に主題になった「空間の大きさ」はやはり魅力的だ。 他方「質量の大きさ」は「安心感」や「親密さ」の感覚と近いところにある。たとえば初期ロマネスクの厚い壁に包まれた小さな空間は、説明を待たず、落ちつき安らぐ。触れたくなるし、その壁のそばにテーブルを置いて本を読み一日を過ごしたくなったりもする。問答無用に惚れてしまう「対象」となることができるのが「質量」である。
昨今の建築事情は「空間の大きさ」を主題にせざるを得なかった側面がある。絶対的に都市には地面が足りていないのだし、「質量」にはキログラム当りの値段がついているのだし。。このところ「質量の大きさ」が表舞台に上がり難かったのはこうした事情による。しかし「空間」一辺倒で進んできた昨今のモダンハウスに決定的に不足してきたのは前述の「質量」の持つ魅力ではなかったのか。建築、特に「住宅」には、本来この二つの「大きさ」が同時に実現している必要があるのだろう。
今回は幸いその二つの「大きさ」が同時に実現できる機会であった。建築全体は<空間量/質量(m3/kg)>が最大化される「ロ」の字型のエンジニアウッドでできた「大きな空間」のパートと、<空間量/質量(m3/kg)>が小さく抑えられた「L」字型の鉄筋コンクリートによる「大きな質量」のパートで構成される。動線はその2種類の「大きさ」に絡まるように配され、そこを通過する人は異なる<空間量/質量(m3/kg)>の配列のパターンをデザインとして経験することになる。
「大きな質量」はセキュリティーとプライバシーが必要な諸室を内包したL字型のコンクリート塊である。化粧型枠の代わりに大きな木目の現れたラーチ合板を用い、ピーコンのでない工法を開発することで、ラフでタフな土木構造物のような質感と重量感が獲得された。従来の平滑な表面とパネル割りの4隅にピーコン痕のあるいわゆる「打ち放し仕上げ」はすでに壁紙の様に記号化されてしまっているが、今回はコンクリート本来の表情=「肌理」を取り戻すことで、その「大きな質量」は親密な「対象」となることができた。
「大きな空間」は「道ばた」のような半外部的なスケールを持ったスペースである。敷地周辺の庭園を借景として利用できるように、前面道路から2m程持ち上げられ敷地に直交する前後二本の道路を繋ぐように配された、ロの字型のLVL連続フレームによるチューブ状の大空間。柱や梁を構成するLVLは38×286mmの断面で長さ6m近いフィン状のプロポーションである。このように<空間量/質量(m3/kg)>が最大化できたのは、水平力のすべてをL字型のコンクリート部分に負担させているからである。こうして実現された「大きな空間」はLVLの特徴である大きな杢目や、その他鉄部や床石などの意図的に強められた肌理によって、スケール的に落ち着けられた。面白いことに2種類の大きさはともに「肌理」によってコントロール可能になったのである。
このように完成した「おおきな家」は、古い屋敷街の中でその抽象的な立方形状によって新しく異彩を放っているようであり、また同時に、もっとずっと以前からそこにあったようにも見える。 「懐かしく馴染んでいて、しかも新しい」
これは二つの「大きさ」が同居することで獲得された特質なのかもしれない。


「住宅特集」 2006年8月/新建築社

×close

data:
主要用途:個人住宅
敷地面積:177.27m2
建築面積:106.33m2
延床面積:259.72m2
階数:地下1階 地上2階
構造:RC造(一部木造)
設計期間 2004年10月~2005年6月
工事期間 2005年8月~2006年5月

principal use:private residence
site area:177.27m2
building area:106.33m2
total floor area:259.72m2
number of stories:2 stories + 1 basement
structure:reinforced concrete. partly wood frame
design:2004.10 - 2005.6
construction:2005.8 - 2006.5

photo credit:
Ryota Atarashi / 新 良太
Satoshi Asakawa / 淺川 敏

>>Article

Gothic on the Shore / 海辺のゴシック


葉山町の海岸沿いに計画中の貸別荘のプロジェクト。
敷地正面には太平洋が広がり、晴天時には水平線の向こうに富士山が遠望される。背後には葉山らしく三浦半島の里山が控えていて、敷地は地勢的にちょうど海と山の境界上に位置している。そのような豊かな自然環境の中で、通常設計に使用される-デカルト座標系-の幾何学が持つ普遍的 / 都市的な匂いが気になった。
そこで、代替の基準となる幾何学として、中心とそこからの距離と角度によって空間を規定する-極座標系-を選択した。俯瞰的な視点によらず各存在間の関係性で位置を記述しあう極座標系はより自然な幾何学であり、今回の敷地環境の中で「スワリが良い」と感じられたのである。
外接しあう異なる半径を持つ3種類の円を反復し、一見ランダムな構成を持ちながらも構造的 / 存在的に合理的な基準線の体系ができあがった。
その基準線に沿って、厚さ6mmの型抜き鉄板でできたブーメラン型の「柱=梁」材を回転複製していくことで樹状のストラクチャーを作り出し、それらを相互に連結して連続するアーチ状の強固な架構のシステムを形成する。これを3層積み重ね、必要面積を確保する程度に周囲を切り落として建築を整えた。
6mmの薄さにまで抽象化/単純化された極薄のゴシック建築といった様相である。それはまた結晶化し積み重なった森のようでもある。
構造的/存在的に合理的な構築物は限り無く自然に近づいていくのかもしれない。
「自然と建築の混交」
そういえば、それはゴシックの理想でもあった。


「住宅特集」2012年4月/新建築社

×close

data:
主要用途:ゲストハウス
敷地面積:456.84m2
建築面積:118.80m2
延床面積:496.82m2
階数:地下1階 地上3階
構造:鉄骨造 + 鉄筋コンクリート造

principal use:guest house
site area:456.84m2
building area:118.80m2
total floor area:496.82m2
number of stories:3 stories + 1 basement
structure:stainless frame + reinforced concrete

photo credit:
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

LIGHT-LIGHT SHELTER / toririn


4連HPシェルユニットの薄肉チューブ
「とりりん」は惣菜と精肉を販売する店鋪である。建築は最初の約5年間のみ初期用途のために使用されるが、その後は他の用途に転用されることになっている。より大きな旧店鋪で使用していた厨房器機群を引き続き使用するため、最大限効率的に床面積を確保することが求められた。敷地は北向きで鰻の寝床状に細長く、暗く凹んだ印象であった。建築費は1,500万円。
われわれが提案したのは、軽量鉄骨を主材とする用途フリーの薄いチューブ状の建築である。角パイプ(100×50×3.2m)弱軸使いによる薄い見付厚の門型フレームをつくり、この上辺をグラデーショナルに変化させながら反復することでHP曲面シェルの屋根面を持つユニットを形成する。これを4ユニット並置させて、ユニット切り替わり部に採光スリットとトラスを持つ、強固で明るい薄いチューブ状の建築が完成した。薄い構造厚は有効床面積を最大化し、逆に建築全体の形状として強固であるため鉄骨量は最小化された。また、ユニット化によってディテールが反復されるため、工期も短縮され(実質工期は2ヵ月)、工費の低減が実現された。
屋根側のHP曲面で拾われた自然光はスリットから室内に取り込まれ、天井側のHP曲面のよって柔らかく室内全体に拡散される。室内仕上げは清掃性と光の効率的な反射を意図し、VP-N95の全ツヤ塗装としている。
用途フリーということもあり、われわれは店鋪の設計を行ったというよりも、明るく気持ちのよい「環境の質」をデザインしたのだと考えている。


「新建築」 2004年11月/新建築社

×close

data:
主要用途:精肉・総菜店舗
敷地面積:122.31m2
建築面積:97.10m2
延床面積:86.13m2
階数:地上1階
構造:鉄骨造
設計期間:2004年4月~2004年7月
工事期間:2004年8月 ~2004年9月

principal use:shop
site area:122.31m2
building area:97.10m2
total floor area:86.13m2
number of stories:1 story
structure:steel frame
design:2004.4 - 2004.7
construction:2004.8 - 2004.9

photo credit:
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

Secondary Landscape / 屋上のランドスケープ


なんでもない場所
屋上や河原が好きである。
考え事をしたり、アイディアを錬ったり、特別な誰かとゆっくり話をしたりするのは大抵そんな場所だ。そんな場所には似たような人たちがなんとなく集まる。空が広いのがいいのだろうか。それとも風景が横長で風が吹き抜けるのがいいのだろうか。もちろんそれもある。しかし、いちばんの理由は、そこが「なんでも無い場所」だからなのだろう。
原理的に都市は、「教室」や「オフィス」や「休息室」にいたるまで、すべて一定の機能がラベリングされた機能空間の高密度集積体である。それはたいへん効率的で分かり易くはあっても、同時にそのスキのなさは時として息苦しさを感じさせもする。その意味でわれわれ都市生活者は、多かれ少なかれ、都心部にいるほどに、都市の「外」を求めているのであろう。しかし当然、都心部であればあるほど、「なんでも無い場所」は得難い。

クリエイションの「場」
このプロジェクトでは、そんな「なんでも無い場所」を東京・渋谷の真中に出現させる事を目論んだ。具体的な計画は、渋谷川を見下ろす築40年超の鉄筋コンクリート造校舎の屋上の倉庫を改修して、美容師をはじめさまざまな分野の若いクリエイターが集まるサロン/アートアーカイブをつくることである。クライアントは住田美容専門学校という、美容師を養成する2年制の専門学校である。
当然、実現すべきは「クリエイターサロン」とラベルの貼られた「機能空間」ではない。機能は集まったクリエイターたちによって、その都度発見されるべきである。むしろこの場所の持つ、屋上としての性格や渋谷川の土手/河原としての性格を拡大して、前もって名付けられた機能を持たない、自由なクリエイションの「場」を作り出そうと考えた。

屋上→ランドスケープ
実際のリノベーションの作業から言うと、操作対象である旧ビルの屋上は、不都合な点も多い。
たとえば、倉庫やクーリングタワーや給水塔や使われていない煙突や絡まりあう設備配管類などの、本来、来訪者から隠し保護しなければならないモノが無秩序に大量に置かれている。また、40年余りを経過し老化した防水層も、今のところ健康ではあるが、直接多くの人間が歩行するには頼りがない。直線も直角も出ていない東京オリンピック以前の鉄筋コンクリート造建築物の施工精度の問題もある。
これらの問題群を解決するために、2"×6"のウェスタンレッドシダーでできたタフな木製の面で屋上全体をカバーする事にした。木製の平面は既存の設備類や老化した防水層を覆い保護しながら、様々な屋上の突出物に沿って、折り曲げられ、切り込みを入れられ、ラフに屋上全体の形にフィットさせられる。
その結果屋上は、ポリゴン分割された牧場のような、一枚の変化のある地続きのランドスケープに置き換えられた。それは「の」の字型にくるりと回転しながら、一階高分登っていく一枚の連続する地表面である。不整形な室内部分は「空間」と言うより「谷間」あるいは「洞穴」と言った方が近い。
結果的にわれわれは屋上にランドスケープを設計したのである。
そこは、都心部に唯一残された、名付けられることのない、可能性に満ちた「なんでも無い場所」だ。渋谷の上空に再現された「屋上の河原」に寝そべって、若きクリエイターは、未来を想像するのである。


「新建築」 2004年8月/新建築社

×close

data:
主要用途:サロン 広告塔
延床面積:75.72m2
構造:鉄骨造
設計期間:2004年1月~2004年2月
工事期間:2004年3月~2004年4月

principal use:salon
total floor area:75.72m2
structure:steel frame
design:2004.1 - 2004.2
construction:2004.3 - 2004.4

photo credit:
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article

XXXX / 焼津の陶芸小屋


ライバルは自動車である。
クライアントの趣味である陶芸製作のアトリエ兼ギャラリー建設のための予算として提示されたのは、彼がビジネス用に購入する予定だったトヨタカローラ1台分の予算=150万円。
建築予算としてみれば、無きに等しい金額ではあるが、単に物品を購入する金額であると考えれば大金である。少なくとも、エアコン、カーナビ、パワーウィンドウ付きの豪華な「動く個室」が手に入るだけのチカラを持った「お金」だ。この事実に比較して現在、建築は果たして正しく効率良くその品質のために「お金」を使えているのだろうか。高度に専門分化され発展を続けてきた社会制度上の建築システムは、今でもオブジェとして美しく合理的な建築を生み出しているのだろうか。
そんな疑問を常々持っていた我々にとって、このプロジェクトはその金額の少なさ故に大変魅力的なものになった。
不透明で分かりにくい「建築のお金」を徹底的に把握しなおし「費用対効果で自動車を上回ること」。
建築を一旦オブジェのレベルにまで引き降ろし「オブジェとして最も合理的でリーズナブルなあり方を求めること」。
そんなことを考えて「150万円の自動車に負けない、150万円の建築を作る」を合い言葉に計画はスタートした。


「SD-Review」 2003年12月/鹿島出版

×close

data:
主要用途:陶芸製作のアトリエ
敷地面積:502.86m2
建築面積:22.30m2
延床面積:16.70m2
階数:地上1階
構造:木製パネル構造
設計期間:2003年1月~2003年4月
工事期間:2003年3月~2003年9月

principal use:atelier for ceramist
site area:502.86m2
building area:22.30m2
total floor area:16.70m2
number of stories:1 story
structure:wood panel
design:2003.1 - 2003.4
construction:2003.3 - 2003.9

photo credit:
MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO

>>Article