Plana・mesa


ミンクのような短毛種の動物を思わせる、特別に研磨された900×900の無垢なアルミプレート。これにカツデンアーキテックの保有する高精度な加工機を使って4本の切り込みを入れ、その後曲げる。このように最小限の操作によって成立するこのテーブルは、逆に最大限、資源とエネルギーを効率良く使用していることになります。
素材の風合いとそれを活かす極めてシンプルな形態には、このような環境意識を 背景とした倫理性のラインが通っています。まるで玩具のような消費系デザインではなく、反対に無意味に高価な様式主義デザインでもないところ。
リラックスしながらも自己抑制のきいた「これからの大人」のための、新しく優美なデザインの在り方を求めました。